OLYMPUS

2022年8月11日 (木)

ペルセウス座流星群

015_per20220811

レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 8mm 1:1.8 FISHEYE PRO
  絞り:F1.8

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

シャッター速度:0.5秒
  比較明合成619コマ = 約309.5秒

撮影日時:2022/8/11 03:32:37

今年は極大日の天気が悪そうなので、
昨夜、流れ星を観察してみた。
極大日の2日前なので、もう少し流れているかとおもったのだが、
1時間弱眺めて、やっと1個見ることができた。
同時に写真も撮っていたが写真では、他にも何個か写っている。
そろそろ明るくなってくる時間帯なので、人工衛星が邪魔になる。

 

| | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

みずがめざ流星群

005_

レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 8mm 1:1.8 FISHEYE PRO
  絞り:F1.8

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

シャッター速度:1秒
  比較明合成1774コマ = 約1774秒

撮影日時:2022/5/5 02:34:06

GWの後半は普通に出かけるには天気がよいのだが、
写真を撮るには薄曇が頻繁に通過するので、ちょっと厳しかった。

長い休みなので、大型の機材を出しっ放しにしてじっくり撮影したいところではあるが、
こういう時用にちょっとだして、直ぐに撤去できるようなのがほしい。

 

| | コメント (0)

2022年1月 4日 (火)

しぶんぎ流星群

992_

レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 8mm 1:1.8 FISHEYE PRO
  絞り:F1.8

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成2341コマ = 約1800秒

撮影日時:2022/1/4 03:36:36

いつもは、60分を目安にして撮影しているのだが、結構小さなくもが頻繁にながれるので、半分にして撮影。

 

| | コメント (0)

2022年1月 3日 (月)

四分儀流星群準備

991_

天気は良いので、いつも通りの機材で大丈夫そう。

本当は、北極星を中心にした北天にしたいのだが、マンションの建屋とか階段の照明とかが、かなり写り込んでしまうので、向きはいつもの方向。

 

| | コメント (0)

2021年12月21日 (火)

C/2021 A1 Leonard

983_leonard

レンズ:Canon EF85mmF1.8
  絞り:F2.8
焦点距離:85mm

 カメラ:Olympus E-M1 markII
 ISO:1600
     シャッター速度0.5秒×121コマライブコンポジット(比較明合成)

撮影時刻:2021/12/21 17:32:21

地平線まで綺麗に晴れていたので、ちょっと長め焦点距離で撮影してみた。
カメラのファインダー内に目視で確認できるような星がないと導入が難しいが、
薄明中だと、空が明るく、暗い星が全くみえなくて苦労した。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

C/2021 A1 Leonard

982_leonard

 レンズ:Olympus m.zuiko digital 12-40mm 1:2.8 PRO
  絞り:F3.2
焦点距離:23mm

 カメラ:Olympus E-M1 markII
 ISO:1600
     シャッター速度1秒×15コマライブコンポジット(比較明合成)

撮影時刻:2021/12/19 17:24:14

金星の左下にかろうじて彗星が写っている。
こんな空でも尾が分かるくらいだと、素敵な彗星なのだが、

彗星の位置が分かるように拡大してライブコンポジット時間を長くしてみた。
  絞り:F4
焦点距離:40mm
ライブコンポジット180コマ(180秒)

981_leonard_20211219185601

飛行機が絶え間なく飛んでくる。

 

| | コメント (0)

2021年12月16日 (木)

ふたご座流星群

979_gem

オリンパスのフィッシュアイレンズとライブコンポジットで撮影。
約1時間、月があるのに結構よく写っている。

このあと、時々雲がながれたり、電池交換でカメラの設定が変わっているのに気が付かずに失敗したりで、ことしはこの一枚だけ。

 

978_gem

ちなみに、これはシャッターを開けた瞬間に大きな流星が流れたが、ISO感度を200に設定していて失敗。すぐに撮影を止めたコマ。

 

| | コメント (0)

2021年12月11日 (土)

ふたご座流星群

937_gem

極大日の3晩まえ、

まだ、そんなに出現していない。

 

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

月食

924_moon_ef70200f28

今日は部分月食であるが、南向きの部屋だと、昇ってくる月はベランダで観望するのはちょっと難しい。
気が付いたら結構昇っていた。

925_moon_75300f67

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 75-300mm 1:48:6.7
このレンズは望遠端でフルサイズ換算で600mmになるので、そこそこ大きさで撮れる。
絞り開放では解像感はいまいちではあるが、色収差はよく補正されていて、手持ちで撮影できるコンパクトさはよい。
値段を考えると十分良いレンズである。

926_moon_70200f28

Canon EF 70-200mmF2.8L IS II USM
上記のレンズに比べるとでかくて重いが、2.5絞り分明るい。
マウントアダプタ経由でAFとかは普通に使えて速度も上記のレンズと大差はないし、食が進んだ暗い月でも問題なくAFが効く。

 

| | コメント (0)

2021年8月28日 (土)

75-300mm

900_75300_20210828181601

このレンズが、大きく値段を下げていたので、子供の学校行事用に購入してみた。
今までのはCanonEFレンズのマウントアダプタ経由でEF70-200F2.8を使っていたが、光学的に優秀で明るいのだが、でかくて重たいのが難点。
これは、軽い。ちょっと暗くて、広角端の75mmでF4.8、望遠端の300mmでF6.7。AFの性能にもよるが、屋外の行事であれば十分に使えそう、体育館とかではちょっとつらそうな感じである。

E-M1markIIのボディを使っているが星や月でもピントがでる。
901_moon

300mmF6.7開放、JPEG撮ったまま。フルサイズで600mm相当なので、結構大きくとれる。

902_moon

等倍、色収差とかは良く補正されている。FL80+フルサイズのデジカメで撮った場合と月の像サイズはほぼ同じになるが、望遠鏡で撮影した方が解像度は格段によいが、AFではないし、手持ちでの撮影はできない。

値段を考えると、ちょっと面白いレンズである。天体写真には使い方が難しく少し残念。

 

| | コメント (0)