« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月24日 (土)

NGC7000、M16,17

083_ngc7000

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + フラットナー1.01X
   口径:85mm
   合成焦点距離:455mm(F5.4)

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

フィルター:STC Astro Multispectra

合計露光時間:24分(=45秒×32コマ)

赤道儀:NJP Temma2

撮影地:自宅

082_m16_17

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + フラットナー1.01X
   口径:85mm
   合成焦点距離:455mm(F5.4)

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

フィルター:STC Astro Multispectra

合計露光時間:6分(=45秒×8コマ)

赤道儀:NJP Temma2

撮影地:自宅

天頂付近になってくると、光害も減るので、処理も楽でなんとかきれいに見えるようになる。
コンポジットの枚数ももっと増やせばさらにきれいになりそう。
あとは、フィルターをOPTOLONG L-eXtremeにして、もう少し1コマの時間を伸ばすもの効果的ではあるが、
対象は散光星雲や惑星状星雲などになってしまう。

 

| | コメント (0)

2023年6月21日 (水)

M8 M11

080_m8

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + フラットナー1.01X
   口径:85mm
   合成焦点距離:455mm(F5.4)

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

フィルター:STC Astro Multispectra

合計露光時間:6分(=45秒×8コマ)

赤道儀:NJP Temma2

撮影地:自宅

 

081_m11

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + フラットナー1.01X
   口径:85mm
   合成焦点距離:455mm(F5.4)

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

フィルター:STC Astro Multispectra

合計露光時間:6分(=45秒×8コマ)

赤道儀:NJP Temma2

撮影地:自宅

光害カットのフィルターを入れてみたが、
F5.4で1分では、ほぼ真っ白、少し抑えて45秒にしてみた。
M8くらいの高度ならはなんとか、
M11くらいの高度まで上がれば、少し楽になる。

250RCは2000mm/F8なので、2分くらいで明るめの対象ならば行けそう。
球状星団とか大き目な惑星状星雲、
Extenderが使えると思っていたので、これは少し痛い。

 

| | コメント (0)

2023年6月18日 (日)

想定外

079_extender

EF70-200mmとの組み合わせは、思った程悪くは無かった。
OLYMPUS75-300mmF4.8-6.7IIよりは少しサクサク動くような感じがした。
入れない方が快適ではあるが、Extenderを入れると慣れないと何となく使いにくい。
動きの少ないのは特に問題ない。
画質はほぼ気にならないレベル。

そこで、望遠鏡での使えないかと思ってFSQに付けてみたとこと、
液晶モニターで見る分にはとても良いが、
シャッターが下りない。
レンズなしレリーズができるに設定しているが、
Extenderを付けてしまうと、レンズが付いていると認識してしまい、
Extenderの先にちゃんとしたEFレンズがないとダメなようである。
ちょっと、これは想定外、
回避方法を捜査中だが、見つからない。

 

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »