« 光軸調整 | トップページ | Ced214 »

2022年11月22日 (火)

光軸調整

044_250rc

やっぱり、気になってしまう。

今までの手順

1.レーザコリメータで、副鏡に当てたレーザが戻ってくるように副鏡の光軸調整ネジで調整する。

2.副鏡のセンターマークにレーザが当たるようにフォーカサーの傾きを調整する。

3.1,2を繰り返し副鏡のセンターにレーザが当たってレーザが戻ってくるようにする。

4.副鏡が真ん中にくるように主鏡の光軸調整ネジで調整する。

5.実際の星を使い、ピントを少しずらして星の回折光が同心円になるように主鏡、副鏡の光軸調整ネジで調整する。

この手順では、4のとき副鏡、主鏡が同心円に並ぶが、主鏡が鏡筒に対して真ん中に見えていない。
とりあえず、5で星像の回折光が同心円になっているとそこそこ見えるが、これではだめ、

恐らく、3の手順でフォーカサーと副鏡が正しい位置関係になっているように見えるが、このような位置がいくつかあって、真の解を求めるための条件があるのではないかと思う。

上記の不確定性を解くために、オートコリメータを使って、副鏡に映ったコリメータのセンターが副鏡のセンターと一致するまで追い込んでみた。

045_250rc

外が暗くなってしまったのでオートコリメータのセンターまでは見えなくなってしまったが、
オートコリメータのセンター、副鏡、主鏡、鏡筒のリムが同心円に揃った。

あとは、実際の星の回折光で仕上げれは、納得できるかな?

 

|

« 光軸調整 | トップページ | Ced214 »

機材」カテゴリの記事

250RC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光軸調整 | トップページ | Ced214 »