« LEICA DG SUMMILUX 9mm F1.7 ASPH.実写 | トップページ | NGC6888 »

2022年10月 2日 (日)

Pentax67 105mmF2.4

022_qhyp67

QHY16200Aには、カメラの底にカメラネジが切ってある。
カメラレンズで撮影する場合、このネジで1止めになる。
カメラの形状から分かるように、レンズを付けたりすると、ネジ穴のある底の部分と反対にカメラの重心が寄ってしまい、
ちょと不安定な感じになる。
アルミアングルで補強してみたが、試す機会がなく、何カ月かぶりに撮影してみた。

カメラのバックフォーカスが長いので、手持ちのレンズで使えるのは、Pentax67系のレンズだけである。
銀塩時代には良く使っていたが、デジタルになって全く出番がなくなった。
色収差が結構あるので、普通につかうのが難しいが、
ナローバンドでは全く問題ない。

023_p67105

レンズ:Pentax 67 105mm F2.4
   絞り:F4.0

カメラ:QHY16200A
   冷却温度:-10℃
   フィルター:Baader Hα 7nm

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:Takahashi NJP Temma2

制御ソフト:N.I.N.A

撮影地:自宅

今回は105mmで試したが、以前より安定感が増した。
これならば、165mmや200mmで大丈夫そうである。
300mmになってくると、重いうえに長くなるので、別な方法を考える必要がある。
ちなみに、300mmF4 EDになると、三脚台座があるのでそんな心配はいらいなが、
IFタイプなので、マウントアダプタのフランジバックを正確に合わせないと
期待通りのパフォーマンスを出してくれないことが予想される。

 

|

« LEICA DG SUMMILUX 9mm F1.7 ASPH.実写 | トップページ | NGC6888 »

天体」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

QHY16200A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LEICA DG SUMMILUX 9mm F1.7 ASPH.実写 | トップページ | NGC6888 »