« Sh2-227 | トップページ | SIGMA150mmの続き »

2021年12月31日 (金)

カシオペヤγ星からNGC281

987_cas

レンズ:SIGMA 150mm 1:2.8 APO MACRO DG HSM
   絞り:3.5

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:OPTRONG Hα(12nm)

合計露光時間:80分(=5分X16コマ)

赤道儀:Takahashi NJP Temma2

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

撮影対象を考えるために、焦点距離が短いレンズで撮影してみた。
撮影に使ったレンズは三脚座がついているので、赤道儀に乗せたりするのが便利であるが、
ピント出しがちょっと面倒、無限遠付近でヘリコイドちょっと触ったくらいでピントが大きくずれる。
ヘリコイドの回転角が無限遠から最短撮影距離38cmまでが270度くらいあるが、無限遠から1mくらいまでが20度もないくらいである。
一方、EF135mmは1mから無限遠までが120度くらいある。単純に考えるとEFレンズの方が6倍くらいピント合わせが楽そう、かもしれない。

カシオペヤ座γ星付近の散光星雲IC59,IC63からNGC281。
両者を比べるとNGC281はHαのナローバンドでも結構明るいから暗い光学系でも十分楽しめそう。

 

|

« Sh2-227 | トップページ | SIGMA150mmの続き »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sh2-227 | トップページ | SIGMA150mmの続き »