« AZ-GTe | トップページ | 押しネジ »

2021年7月30日 (金)

M27

896_m27

鏡筒:Cometron114 + 笠井トレーディングコマコレクタ
  口径:114mm
  焦点距離:450mm(F3.9)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-5℃
  フィルター:OPTRONG  SII(12nm),Hα(12nm),OIII(6.5nm)

ガイド鏡:BORG50
  ガイドカメラ:ATIK16-IC

合計露光時間:175分(=5分X35コマ)
  SII:5分X11コマ
  Hα:5分X12コマ
  OIII:5分X12コマ

赤道儀:ビクセンGP-X

制御ソフト:MaxIm DL Pro5

撮影地:自宅

前回は久しぶりの撮影だったため、カメラの接続リングを間違え、コマコレクタとセンサの間隔が誤った設定になってしまった。
さらに、フィルタを間違ってHαだと思っていたら、SIIで撮影していたりと、散々だった。

今回は、コレクタの間隔
各波長16コマ撮影する予定だったが、途中で曇られて雲の影響がない 11 or 12 コマを採用して処理をした。
やはり、SIIに比べてHαとOIIIが明るいので、SAO合成では星雲が赤くなくなってしまう。

895_m27

上記のHαとOIIIでAOO合成をすると、比較的見慣れた色合いになる。

もう少し、コマコレクタとセンサーの間隔を大きくした方がよさそうである。

 

|

« AZ-GTe | トップページ | 押しネジ »

天体」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

COMETRON114」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AZ-GTe | トップページ | 押しネジ »