« 2021年4月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年5月

2021年5月18日 (火)

いて座

889_

レンズ:Canon RF50mm F1.2L
   絞り:F2.2

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:32分(=30秒×64)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:蓼科

やっと処理が終わった。
本当は、QHY16200A+FSQ85で直焦点を考えていたのがた、カメラを接続するリングを忘れてしまって仕方なくカメラレンズだけの撮影になってしまった。

| | コメント (0)

2021年5月17日 (月)

へびつかい座

Photo_20210517002601

レンズ:Canon RF50mm F1.2L
   絞り:F2.2

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:32分(=30秒×64)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:蓼科

ファイルサイズが大きいのとファイル数が多いので、処理が大変。

周辺減光の処理をCanonの現像ソフトで現像時に行うとコンポジット後に淡い部分を強調するとすぐに同心円の減光処理の取りこぼし分が協調されてしまう。SIではバッチ処理といいながらも、一度ファイルを読み込まないとフラット処理ができない。計算機が貧弱なので、8コマくらいしか読み込むことができない。

 

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

さそり座

887__20210515231301

レンズ:Canon RF50mm F1.2L
   絞り:F2.2

カメラ:EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:32分(=30秒×64)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:蓼科

このレンズは開放でも良いくらい星像がよいのだが、撮影後に周辺減光の処理に苦労する。通常はF2.8くらいが使いやすいところであるが、折角明るいレンズなので、気持ち開けてとってみた。

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

SIGMA30mm F1.4 DC HSM Art

いろいろなマウントのボディをもってしまうと、レンズを用意するのが大変である。
そこでマウントアダプタをつかっている。ちなみに、フジのXマウントのレンズは1本ももっていない。
よく使っているのが、中古で購入したSIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art(EFマウント)。fringerのマウントアダプタ経由でもAFもちゃんと使えて快適である。F1.4と明るいので、天体写真も撮って見たかったのだが、フジのボディ操作がよくわからなくて中途半端だった。

886_sigma30mm1_4
F1.4開放
紫外線カットのL41を付けているが青のにじみは結構気になる。周辺星像は収差で伸びているが周辺減光は少なく優秀である。

886_sigma30mm2_0
F2.0
厳しくみると、もう少し絞りたくなるが、これで十分が気がする。X-E2のボディはピント合わせのとき、ピント合わせのアシストで画像拡大倍率が4倍で低すぎる。ピント合わせが難しい。

886_sigma30mm2_8
F2.8
明るいレンズなので、F2.0からF2.8くらいで使いの一番よさそう。

 

 

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

春の大曲線

885__20210504223101

レンズ:ZENITAR-M 2.8/16
 絞り:2.8開放

カメラ:FUJIFILM X-E2
 ISO:800

露光時間:152sec(=38secX4コマ)

fringer EF-FXマウントアダプタ経由でフジのカラメラで使ってみた。
因みにX-E2はマニュアルフォーカス時に画像を拡大できるのだが、倍率が低すぎる。もう少し拡大率が大きいとピントを合わせやすいのだが。
ピントが合わせにくいのだが、このレンズはピントのピークは分かりやすいレンズである。
中心部分はシャープだが、中心からずれるとすぐに星像がくれだす。絞れば改善するのだが、開放で撮影すると明るい星が目立ち、星座の形が良くわかる。

 

 

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年7月 »