« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月12日 (金)

勾玉星雲(IC405,410)

876_ic405_410

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QHY16200A
   冷却温度:-20℃
   フィルター:サイトロンQuadBP
         Astrodon Tru-balance Eシリーズ
         Baader Hα 7nm

合計露光時間:300分
  R:40分(=5分x20コマ)Hα
  G:40分(=5分x20コマ)
  B:40分(=5分x20コマ)

赤道儀:Takahashi NJP Temma-2

ガイド装置:オフアキシスガイド + QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

RはQBP+Hα、GはQBP+G、BはQBP+B。
QBPフィルタは、短波長側、長波長側両方とも50nm弱くらいのバンド幅があるので、光害が酷いじたくでは、もう少しバンドを絞りたいところである。長波長側はHαの7nmを完全に包含しているので、赤はHαの半値幅7nm。AstrodnmのGは500nmより少し短い波長まで通過し、Bは500nmより少し長い波長から通過するようになっているので、QBPの短波長側をOIII辺りで重複するように短い方がB、長い方がGとなる。
短波長側はバンド幅が50nmもあるといろいろ光害も受光してしまう。
OPTRONGからL-eXtremeが発売になったが、これは、短波長側がOIIIの7nmなのでいいかもしれない。

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

M46(SAO)

875_m46_sao

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG SII(12nm), Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:144分
  SII:48分(=3分X16コマ)
  Hα:48分(=3分×16コマ)
    OIII:48分(=3分×16コマ)

赤道儀:NJP Temma2

ガイド装置:オフアキ+QHY5-II

制御ソフト:N.I.N.A

撮影地:自宅

南に低い天体なので、いつも1フレーム5分としているが、今回は1フレーム3分で撮影している。
それでも、OIIIはかなりつらいが、惑星状星雲は写りやすい。
M46星団中のNGC2438やM46の少し北にあるPK231+4.1も良くわかる。

カメラの制御ソフト"N.I.N.A"はガイド用のATIK-16ICが使えないのを除き、概ね順調に移行できた。
Temmaの制御は”Cartes du Ciel"でOKである。

 

| | コメント (0)

2021年2月 7日 (日)

ばら星雲(SAO)

875_rose

レンズ:SIGMA 70mm 1:2.8 DG MACRO
   絞り:3.2

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG SII(12nm), Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:240分
  SII:80分(=5分X16コマ)
  Hα:80分(=5分×16コマ)
    OIII:80分(=5分×16コマ)

赤道儀:VIXEN GP-X

ガイド装置:─

制御ソフト:N.I.N.A

撮影地:自宅

少し絞ったがピントの合わせ難さはほとんど変わらない。バンド間でのピントのずれも気になる。

ピント合わせにはバーティノフマスクを使っているが、これくらいの焦点距離になると限界なのか、レンズの癖なのか、ちょっとこれも分かり難い。同じような焦点距離でEF85mmF1.8も使っているが、こちらのレンズの方がピント合わせが格段にやり易いし、リアフォーカスなので、露光中にレンズの自重でピントが動いてしまうようなことがないが、色収差はこちらの方が大きい。

 

| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

オリオン座(SAO)

874_orion_sao

レンズ:SIGMA 70mm 1:2.8 DG MACRO
   絞り:2.8

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG SII(12nm), Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:240分
  SII:80分(=5分X16コマ)
  Hα:80分(=5分×16コマ)
    OIII:80分(=5分×16コマ)

赤道儀:VIXEN GP-X

ガイド装置:─

制御ソフト:N.I.N.A

撮影地:自宅

シグマの新しいマクロレンズは使ったことがないが、この70mmと150mmのシグマの旧マクロレンズはピント合わせが難しい、無限辺りで、ピントリングの動きがシビアで、ちょっと触ったくらいでピントが大きくずれてしまう。あと、OIIIとSIIくらい波長の差が大きいと、ピントの差が気になる。
SAOの各波長では、Hαが圧倒的に情報量が多いので全体的に緑色になってしまう。
魔女の横顔とかは、何で発光してるのだっけ、赤くないないからSIIとかHαとかはほとんどなさそう。OIIIでも分からなかったから、それ以外の輝線なのか連続光なのか、やはり暗い空でないと難しそうである。

 

 

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »