« Pergear 12mm F2.0 | トップページ | IC2177 »

2021年1月 3日 (日)

M42

867_m42

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QHY16200A
   冷却温度:-20℃
   フィルター:サイトロンQuadBP + Baader Hα 7nm
         サイトロンQuadBP + Astrodon Tru-balance Eシリーズ

合計露光時間:180分
  Hα:60分(=5分x12コマ)
  L:60分(=5分x12コマ)
  B:60分(=5分x12コマ)

赤道儀:Takahashi NJP Temma-2

ガイド装置:BORG50 + QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

NINAからQHYのフィルターホイールを制御する際にフィルタの順番を間違えて設定してしまった。

ハードへの実装順番
1: Luminance
2: Red
3: Green
4: Blue
5: Hα

NINAへの設定
1: Red
2: Green
3: Blue
4: Luminance
5: Hα

QBPとAstrodonのG、Bを組み合わせるとQBPの短波長側の帯域がちょうど半分づつG,Bに割り当てられそうなので、フィルタ2,3,5の組み合わせで撮影したが、ソフト側の設定が間違っていたので、Red,Green,Hαとなってしまったので、
Hα、Green、GreenでAOO相当のカラー合成をしたあと、RedをL画像にしてLRGB合成を行った。

 

 

|

« Pergear 12mm F2.0 | トップページ | IC2177 »

天体」カテゴリの記事

FSQ85」カテゴリの記事

QHY16200A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Pergear 12mm F2.0 | トップページ | IC2177 »