« M78 | トップページ | ばら星雲 »

2021年1月22日 (金)

馬頭星雲

872_ngc2024_20210121234701

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm SII, 12nm Hα, 6.5nm OIII

合計露光時間:300分
  SII:100分(=5分X20コマ)
  Hα:100分(=5分×20コマ)
    OIII:100分(=5分×20コマ)

赤道儀:NJP Temma2

ガイド装置:オフアキ+QHY5-II

制御ソフト:Nighttime Imaging 'N' Astronomy

撮影地:自宅

F8のリッチークレチアンだと少し暗いので、かなり時間をかけないとHαくらいしかなかなかつらい。TOAにレデューサをつけるとF5.4である。これくらいだとなんとか見栄えがしてくが、Hαの光量圧倒的に多く全体的に緑いろになってしまう。SIIやOIIIをもう少し時間をかけたいところなのだがSIIとかはあまり時間をかけてもあまり面白くないし、OIIIは他のバンドに比べると光害をもらってしまうので、キャリブレーションが面倒なのでむやみ露光時間も伸ばせない。わし星雲とか南の方は結構つらいが、これくらいまで高度が上がってくるとなんとかなる。

 

|

« M78 | トップページ | ばら星雲 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

TOA130」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M78 | トップページ | ばら星雲 »