« 新しいPCを整備中 | トップページ | M1, NGC2174 »

2020年12月22日 (火)

NGC1491

863_ngc1491

鏡筒:GINJI300FN + Baader RCC1
   口径:305mm
   合成焦点距離:1220mm(F4)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-15℃
  フィルター:OPTRONG Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:320分
  Hα:5分X32コマ
  OIII:5分x32コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:ATIK16-IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

コマコレクタとCCDセンサーとの間隔は、コマコレクタ指定の約91.5mmに調整した。
これが、一番よかった。

因みに、新調したPCの環境構築はまだ途中。掲載の写真は旧システム。
CCDカメラの制御用のソフトNINA
・QSI583WSでの撮影は問題なし
・QHY16200Aはまだ未確認
・Atik-16ICによる自動ガイドは問題あり
 →ASCOM経由ではカメラが認識されず
  古いドライバを再インストールし認識されることは確認済み
・QHY5-II-Mによる自動ガイドは未確認

Cartes de Cielによる自動導入
・ビクセンGP-X NS-501GP
 →適合するドライバがなく接続できない
・Takahashi NJP-Temma2
 →ASCOM経由で接続できることを確認
  自動導入ができることも確認済み

 

|

« 新しいPCを整備中 | トップページ | M1, NGC2174 »

天体」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

GINJI300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいPCを整備中 | トップページ | M1, NGC2174 »