« カノープス | トップページ | 12mm F2.0 マニュアルフォーカスレンズ »

2020年11月23日 (月)

IC1405

842_ic1405

鏡筒:GINJI300FN + Baader RCC1
   口径:305mm
   合成焦点距離:1220mm(F4)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-15℃
  フィルター:OPTRONG Hα(12nm), OIII(6.5nm)

合計露光時間:320分
  Hα:5分X32コマ
  OIII:5分x32コマ

赤道儀:Takahashi NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:ATIK16-IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

OIIIのフラットが全くあわない。
恐らく、撮影時間が5時間も掛けたせいで、西に傾いた空と天頂付近では光害被りが全然違う。Hαは結構頑張ってくれるのが、OIIIはバンド幅狭くしているのだが、それでも辛い2日に分けて撮影すればよかったかもしれない。

 

|

« カノープス | トップページ | 12mm F2.0 マニュアルフォーカスレンズ »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

GINJI300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カノープス | トップページ | 12mm F2.0 マニュアルフォーカスレンズ »