« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

IC1396

810_ic1396_aoo

鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:0℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα, 6.5nm OIII

合計露光時間:240分
  Hα:120分(=5分×24コマ)
    OIII:120分(=5分×24コマ)

赤道儀:ビクセン GP-X

ガイド装置:オフアキ+ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

自宅からだとナローバンドのモノクロになってしまい、ちょっと楽しくないので、OIIIのバンドも撮影してAOO合成にしてみた。SAO合成でも良いのだが、ナローバンドでも光害の影響があり、できるだけ、天頂付近の条件がよいところで撮影しようとすると、3バンドは結構つらい、2バンド+キャリブレーションデータを撮影すると、だいたい、一晩で1天体撮影できる。

 

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

809_moon

鏡筒:Takahashi TOA130S
   口径:130mm
   合成焦点距離:1000mm(F7.7)

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
   ISO:400
   シャッタースピード:1/500

赤道儀:NJP Temma2

撮影地:自宅

風が強かったが、木星や土星をじっくり観望できた。
残念ながら、惑星は拡大用のアイピースがないから、写真がとれない。

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

NGC6888 三日月星雲

808_aoo_

鏡筒:COMETRON114
   口径:114mm
   焦点距離:450mm

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:0°C
   フィルター:OPTLON Hα 12nm, OIII 6.5nm

ガイド装置:BORG60ED
   ガイドカメラ:ATIK16-IC

合計露光時間:230分(=5分×24コマ(Ha)+5分×22コマ(OIII))

赤道儀:ビクセンGP-X

制御ソフト:MaxIm DL Pro5

撮影地:自宅

接続リングのコンフィギュレーションが定まらない。
前回はセンサーとコマコレクタ―の間隔が71mm、今回は67mmで少し短くなっている。コマ収差がとりきれていない、しかも非対称にでているので、光軸もズレている。

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

50mm

35mmだと露光中に雲がかかりやすいので、少し焦点距離を伸ばして、50mmにそれでも、雲が通過してしまう。雲だけの問題ならばISOを3200にするとか絞りをもう少し開けて露光時間を短く切り詰めても良かったのだか、今回はSky Memo T がどれくらい安定的に使えるかを試したいところもある。

RF50mmF1.2LとEOS Raの組み合わせで約1.6Kgこれくらいであれば特に問題は無さそう。2分×8コマなので、16分間。比較的天の北極に近いところを撮影したので、極軸のセッティングがいい加減だと、写野が回転してしまうが、それもないので、極軸の正しく設定できている。
Sky MemoTは期待以上に活躍できそうである。EF85mmF1.8とかであれば、軽いレンズなので問題なく行けそう、EF135mmあたりも行けそうだが、EF70-200あたりは辛そう。それよりも長い焦点距離は撮像天体の導入とかいろいろと面倒なので、ポタ赤ではなくちゃんと普通の赤道儀の方がよい。

806_cas
カシオペア座

807_per
ペルセウス座

レンズ:Canon RF50mm F1.2L USM
  絞り:F2.8

カメラ:Canon EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:8分(=1分×8)

赤道儀:Sky Memo T

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

先週の続き

803_

だんだん天気が怪しくなってきた。撮影したコマの大半が曇られた、かろうじて助かった4コマコンポジット。

804_

なんとか雲間を見つけて撮遺影したが、すぐに雲がきてしまう。

805_

比較的雲が少ない南側に向けてみたが、それでも雲がる。みずがめ座はこの焦点距離(35mm)ではあまりおもしろくないが、この焦点距離でもらせん星雲がリング状に写っている。

 

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

天の川

801_mw_20200819213501

レンズ:Canon EF35mm F1.4L II USM
  絞り:F2.8

カメラ:Canon EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:8分(=1分×8)

赤道儀:Sky Memo T

焦点距離は35mm、露光時間も1分と短いので、全然問題ない。

802_mw_20200819213501

こちらは、同じ構成で1コマ2分×8コマの16分。これくらいであれば特に問題なく安定して追尾してくれる。

それにしても、PCが遅い。早いPCがほしい。

 

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

さそり座

800_sco_20200818224201

レンズ:Canon EF35mm F1.4L II USM
  絞り:F2.8

カメラ:Canon EOS Ra
  ISO:1600

合計露光時間:6分(=1分×6)

赤道儀:Sky Memo T

Sky MemoTを本格的に外で使っみた。
電源は携帯用に3年ほど使っていたお古の5000mAおそらく性能的には半分もないと思われるが、一晩中恒星駆動させておいたが、朝まで動いていた。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

極大日

12日の夜は、雲が多くあきらめていたが、日付が変わったころには快晴だったので、ちょっと撮影してみたが。今年は少し、数が少ない気がする。

796_1213_1

撮影時刻:2020/08/13 02:13:04
シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成1951コマ=1500.8秒

797_12132
撮影時刻:2020/08/13 02:38:12
シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成1593コマ=1225.8秒

流星よりも飛行機や人工衛星の方が沢山写っているような気がする。

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

ペルセウス座流星群

昨日は、8月には珍しく自宅から富士山が見えていた。

極大日の前日ではあるが、沢山流れるの期待して魚眼で撮影してみた。

793_per1
撮影時刻 2020/08/11 19:35:54
シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成1950コマ = 1500秒

日が沈んで間もないので、ペルセ群ではないが、流星がいくつか写っている。

 

794_per2
撮影時刻:2020/08/11 20:06:13
シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成4681コマ = 3600.8秒

これくらいの時間帯は飛行機が沢山飛ぶのだが、コロナの影響か、少し少な目である。

 

795_per3
撮影時刻:2020/08/12 01:50:37
シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成6943コマ = 5340.8秒

そろそろ薄明が始まるころまでの約90分、そんなに流れていない。
8月には珍しく、朝まで快晴だったが、流星は期待ほどではなかった。明日以降は天気も怪しいし、今年はこれで終わりかな。

 

写真の共通データ

レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 8mm 1:1.8 FISHEYE PRO
  絞り:F1.8

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成

 

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

はくちょう座

792__20200808111801

レンズ:Pentax 67 105mm F2.4
   絞り:F4.0

カメラ:QHY16200A
   冷却温度:0℃
   フィルター:Baader Hα 7nm

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)×3

赤道義:ビクセン GP-X

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

先日北アメリカ星雲当たらりを撮って、その南側と北側をさつえし、合成してみた。

南側と北側を撮影した日は風が強く特に北側の星像が肥大ぎみだったので、合成すると少し違和感がある。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

そろそろぺルセウス座流星群

791_per

レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 8mm 1:1.8 FISHEYE PRO
  絞り:F1.8

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成2824コマ = 2172.3秒

撮影日時:2020/08/07 02:36:24

そろそろ増えてくるころ、
朝方は流星も多いが、人工衛星も多くて困る。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

はくちょう座

790_

レンズ:Pentax 67 105mm F2.4
   絞り:F4.0

カメラ:QHY16200A
   冷却温度:0℃
   フィルター:Baader Hα 7nm

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:ビクセン GP-X

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

気温が高くて、冷却温度が下げられない。あまり設定温度を下げると温度が安定しないので、少し高めの0°Cとした。

 

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

Sky MEMO T

786_el2

L型プレートから外した微動雲台がもったいないので、パノラマヘッドに直行するようにアルミバーに取り付け極軸のエレベーション方向に使ってみた。
微動雲台は結構しかっかりしているが、SkyMEMOはカメラネジで一点止めなので、少し固めに締めないと緩んでしまう。

789_

パノラマヘッドを三脚の下から止めているネジは3/8インチネジを使っている。今までは普通のボルトネジを使っていたが、写真のような丸い穴のあいたものを見つけた。これならば、工具を使わずに強く締められるし、巾着をつるして、置き場に困っていたバッテリやカメラのコントローラなど収納することができる。

これで、ずいぶん使いやすくなった。

| | コメント (4)

2020年8月 2日 (日)

ネオワイズ彗星

788_neowise20200802

レンズ:CANON EF135mmF2.0L USM
  絞り:F2.0

カメラ:CANON EOS Ra
  ISO:1600

シャッター速度:0.8秒
  4コマコンポジット = 3.2秒

赤道儀:SKY MEMO T

日曜日の晩に自宅で撮影。
ちょうど2週間ぶり、だいぶ暗く、小さくなってしまったが、彗星であることが分かる。

 

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »