« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

Sky MemoTの極軸、アジマス方向

768_az

SkyMemoはパノラマヘッドにチルト雲台を乗せて使ってみた。
粗動だけだと、極軸を合わせるのは容易ではない。
赤道儀と同じ要領で、アジマス方向の微動装置を自作してみた。
約40°くらい微動が可能。

本当はエレベーション方向をなんとしたい。
微動装置と搭載したカメラやレンズの荷重に耐える必要がある、
使用する地理緯度範囲は35°±5°くらいあれば困らないが、
ハワイやオーストラリアを考えるともう少し低緯度まで考慮する必要がある。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

マイクロフォーサーズのTリング

マイクロフォーサーズのカメラを望遠鏡に取り付ける場合、
マイクロフォーサズ→EOS EFマウントのマウントアダプターを使い、一度EOSのEFマウントにしてから取り付けている。この組み合わせならEOSが取り付けられる望遠鏡ならば、特に問題はない。

先日改造したCOMETRON114はQSIであれば、問題なく撮影も可能であったが、EOSではピントが出ない。
ミラーレスのEOS RやOM-D,フジは一度EFマウントにしてからなので、全滅である。
市販のマイクロフォーサーズのT-リングにつても、レフ機に合わせたフランジバックを確保するようになっているので、これでもダメである。

766_l39m43

ライカL39マウント→マイクロフォーサーズマウントのマウントアダプタのレンズ側のネジの部分を移植してみた。
マウントアダプタのL39のネジの部分はTリング同じように外側のリングから3本のネジで固定されているテーパ型のリングである。
これを取り外し、使っていないM42適当なTリングの部分を取り換えてしまえばOKである。

因みに、今回入手したL39のマウントアダプタはMore Blueさんから購入したものを利用している。
取り外したリングの外径は48mm.
一方、手元にあるT-リングで一番小さいものは48.8mmであた。

ちょっと一回りヤスリで削って、こんな感じ。

767_t

これで、約24mm短縮できる。
とりあえず、コマコレクタとの間隔64mmで接続できた。あと5mmくらい長いのが理想である。
ピントも問題ない。
768_moon

 

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

SKY MEMO T 試し撮り

764_fisheye

レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 8mm 1:1.8 FISHEYE PRO
  絞り:F1.8

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成4940コマ = 3800秒

赤道儀:SKY MEMO T

自宅からでは長時間露光すると星がうもれてしまうので、
カメラ内で比較明合成しながら、1時間以上実験してみた。
マイクロフォーサーズのボディーとそれほど重くないレンズであれば問題ないし、1時間でもちゃんと点になっているので、ポタ赤としては、十分である。

写真をよーくチェックすると、流れ星が沢山写っている。
撮影日は、6月16日の11時くらいから撮影を始めている。この時期に流星群なんてあったかな?

追尾してしまうと地上の明かりが汚いので、
固定でも1枚撮影してみた。こちらにも流星が沢山。

765_fisheye

レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 8mm 1:1.8 FISHEYE PRO
  絞り:F1.8

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

シャッター速度:1/1.3秒
  比較明合成4689コマ = 3607秒

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

SKY MEMO T 購入

広角レンズでお手軽に撮影するためにポタ赤が1台欲しいと思っていた。
望遠や直焦点撮影などは考えていないので、安くて使いやすそうなのが欲しかった。
ビクセンのポラリエUなどは使いやすそうでコンパクトで理想的ではあるが、少し高い。
極望などのオプションも高い。
そんな時、カメラ量販店のWebサイトをみていたら、SKY MEMO Tが格安で売られていた。
ポラリエの極望より1万円以上安かった。

761_skymemot

このポタ赤、ちゃんとした極望もついているが、本体の長さより極望の長さが長すぎるのが気になる。

762_skymemot

後ろ側がら極望を挿すだけの構造。

763_syymemot
全部挿しきると全面のアリ溝より対物が出っ張る。
これでは、ショートプレートと干渉してしまい、極軸を合わせたあとに必ず極望を抜かなければならない。
これはちょっと考えなければならない。

あと、少し気になったところ、
1)電源は単三2本、あるいはUSB-mini、DC5Vの外部電源。スイッチをONにしただけでは、撮影ができない。スマホに制御用のアプリを入れてWifiで接続しないと動かすことができな。
2)充電池(1.2V)だと3時間くらい動いた。電圧がスマホのアプリから電圧を参照することができて、2.4Vより電圧が下がると電源LEDが電圧低下の警告の光方に変わるが、止まることは無かった。
3)wifiの初期設定は10分で切れるようになっているが、赤経のモータは動いたままである。
  起動時の設定のままであれば、最初だけwifi接続し動かしてしまえば、つないでおく必要はない

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

COMETRON114の結果

759_m16_aoo

笠井のコマコレクタ―、M48の取り付け位置からセンサー面までの距離:63mm
フォーカサーのストッパネジの締めが甘かったため、ピントが徐々にずれている。
ちなみに、センサー面までの距離を44.5mmで撮影すると、ピントの山が分からなくなる。

760_veil_aoo

コマコレクタ―とセンサー面までの距離:71mm
こちらの方がシャープな感じ、以前実験じたときは63mmだったと思うのだが、
再度、確認する必要がある。
こちらは、周辺部の星像が丸くないので、光軸とコレクタの取り付け位置を調整する必要がある。

両方の共通データ

HαとOIIIで撮影したデータによるAOO合成

鏡筒:COMETRON114
   口径:114mm
   焦点距離:450mm

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-10°C
   フィルター:OPTLON Hα 12nm, OIII 6.5nm

合計露光時間:96分(=3分×16コマ×2)

赤道儀:ビクセンGP-X

制御ソフト:MaxIm DL Pro5

撮影地:自宅

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

試し撮り

758_test

晴れているので試し撮り。

笠井トレーディングから販売されているコマコレクタを使用。

このコマコレクタ―はレンズ後端からセンサーまでの距離が70mm±10mmで使わなければならない。
取り合ず取り付けられればよいと思って、30mmから40mmで使ってみたが、ピントの山がなくなってしまう。
バーティノフマスクの干渉縞が発生しなくなる。
先日掲載した昼間の写真は、誤ったコレクターの使い方をして、PCの画面でピントを合わせたが、ちゃんとつかうともっとシャープに映るはず。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

COMETRON114 + QSI

756_cometronqsi

COMETRON114の鏡筒を再び作り直したので、筒外焦点距離が短くなってしまった。
そこで、主鏡の押しネジと引きネジを2cmほど長くして、主鏡を斜鏡側に寄せてみた。
遠くの景色でピントを合わせて、写真の位置で焦合。これならば、星でも大丈夫そうである。

757_test

SAOで天体以外を撮ると変な感じ。
OIIIの感度が他より低めである。
もう少し周辺減光があるかなと思ったが結構、大丈夫そうである。

 

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »