« Sh2-27の中の暗黒星雲 | トップページ | Sh2-27 »

2020年5月 8日 (金)

Pentax 67の165mmレンズ

749_pentax67_165mm

Pentax67用、645用レンズをQHY16200Aに接続できるアダプタを作成していたが一度もも試していなかった。
原因はQHY16200Aのカメラの形状にある。カメラの大きさは約15cm×15cm、厚さ約5cm、カメラの底にカメラネジがある。
これにレンズを付けて、カメラネジで赤道儀に取り付けると写真のようになり、ちょっと安定感に欠ける感じがする。もう少し低重心で赤道儀に乗らないかを考えていた。

結局断念して写真の状態で撮影。5分露光、ノータッチで40コマ撮影し、25コマ失敗、何とか使えそうな15コマで処理を行った。
748_m16_17

レンズ:Pentax 67 165mm F2.8
   絞り:F4.0

カメラ:QHY16200A
   冷却温度:-20℃
   フィルター:Baader Hα 7nm

合計露光時間:75分(=5分×15コマ)

赤道義:ビクセン GP-X

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

このレンズはカラーで撮影すると、色収差が目立つが、ナローバンドでは全く気にならず、優秀なレンスである。
今回はノータッチだったが、オフアキも使えるので、ちゃんとガイドすれば、もう少し成功率が上がるかもしれない。

 

|

« Sh2-27の中の暗黒星雲 | トップページ | Sh2-27 »

天体」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

QHY16200A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sh2-27の中の暗黒星雲 | トップページ | Sh2-27 »