« 球状星団 | トップページ | M8 »

2020年5月 5日 (火)

M17

744_m17_20200506231801

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QHY16200A
   冷却温度:-20℃
   フィルター:Baader Hα 7nm

合計露光時間:160分(=5分×32コマ)

赤道義:NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:QHY5-II

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

Hαのナローバンドならば、結構いける。OIIIでもこれくらいいけるとAOOで合成ができのだが、
SIIのナローでもHαと同じように効果はあるが、SIIとHαの構成だとあまりおもしろくない。

ちなみに、EOS Raでクアッドバンドだと、どうもフラットがうまく補正しきれない。

745_m17

鏡筒:Takahashi TOA130S + 35フラットナ―
   口径:130mm
   合成焦点距離:980mm(F7.5)
   フィルター:Quad BP Filter

カメラ:Canon EOS Ra
   ISO:3200

合計露光時間:16分(=1分X16コマ)

赤道義:NJP Temma2

撮影地:自宅

 

 

 

|

« 球状星団 | トップページ | M8 »

天体」カテゴリの記事

TOA130」カテゴリの記事

EOS」カテゴリの記事

QHY16200A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 球状星団 | トップページ | M8 »