« COMETRON114 | トップページ | SIGMA30mmF1.4 »

2020年3月 9日 (月)

COMETRON 114その2

719_cometron

鏡筒を赤道儀に乗せるため、元々あったビクセン規格のアリガタ。
この位置では、バランスが取れない。今回の改造で、鏡筒の重さの半分以上が接眼部である。さらに、カメラでの撮影を考えると、ほぼ、接眼部付近に重心が寄ってしまう。

赤道儀に乗せるため、接眼部の反対側にアリガタを取り付ける。
718_ftf

上から見るとこんな感じ。ガイド鏡が取り付けられるようにアルカスイスプランク、反対側にはファインダ。
ザット光軸を合わせて、フォーカサーの繰り出し位置が写真くらいの位置でピントが出た。

20mm,見掛視野70度のアイピースなので、22.5倍、約3.1度の実視野。周辺までよく見える。もう少し、斜鏡サイズを大きくしても良かったかもしれない。

 

|

« COMETRON114 | トップページ | SIGMA30mmF1.4 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COMETRON114 | トップページ | SIGMA30mmF1.4 »