« M42 | トップページ | COMETRON114 »

2020年3月 1日 (日)

EOSの明暗比較合成

716_ra

レンズ:Canon EF8-15mm F4.0L USM
   絞り:F4.0
   焦点距離:15mm

カメラ:Canon EOS Ra
   ISO:6400

合計露光時間:1秒×8コマ = 8 秒

EOSの明暗合成は最大9コマである。
いかも、合成する最初のコマを選択して、選択したコマに合成していくので、最初の1コマを撮影して合成元のコマを選択して2コマ以降を撮影すると、最初のコマと2コマ目以降の時間間隔が大きく違ってしまって綺麗にならない。

掲載した写真は、最初のコマはレンズキャップをして真っ暗な写真を撮って、そのコマに2コマ以降を明暗比較明合成した。
なので、時間的に等間隔で撮影したものを合成できるが、1コマ無駄になるので8コマ合成しかできない。

Olympusは無制限に合成できるので、星の軌跡をキレに撮影できる。CanonもRaが天体なのだから合成コマ数の条件を取っ払ってくれるとありがたい、ファームの変更ですぐに対応できそうなものだが、なんとかならないかな。

 

 

|

« M42 | トップページ | COMETRON114 »

天体」カテゴリの記事

EOS」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M42 | トップページ | COMETRON114 »