« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月16日 (日)

M42

715_m42

鏡筒:BORG 77EDII + EDレデューサーF4DG
   口径:77mm
   合成焦点距離:330mm(F4.3)

カメラ:EOS Ra
  ISO:3200
  フィルター:Quad BP

合計露光時間:12分(=0.5分×24)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:自宅

思いの外よく写っている。
8分にくらべ、12分の方がよいくなっているので、もう少し頑張れば、もっとよくなりそう。
フラットが難しそう。
もう少し焦点距離を伸ばして画角を狭くした方が処理が楽そう。

 

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

ばら星雲

 714_rose

鏡筒:BORG 77EDII + EDレデューサーF4DG
   口径:77mm
   合成焦点距離:330mm(F4.3)

カメラ:EOS Ra
  ISO:3200
  フィルター:Quad BP

合計露光時間:8分(=0.5分×16)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:自宅

自宅からでも結構写った。
赤外の感度も結構あると思う。
フィルターの効果でなんとか30秒くらい開けていられるが、ノーフィルターだとダメそう。

713_ic2177

こちらも、ばら星雲と同じ条件で撮影したがOIIIほとんど写っていない。

もっとコンポジットするコマ数を増やせばなんとかなるかもしれないが、コマ数が増えると、画像処理のためのPCが非力すぎる。
カメラを増強するとPCも併せてパワーアップしないといけないはつらい。

 

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

水星

711_mercury

レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM
   絞り:F2.8
   焦点距離:200mm

カメラ:Olympus MO-D E-M1MarkII
   ISO:400

合計露光時間:20分(=0.5秒×2400)

先日、水星を撮影したときよりも日没時の高度が高く撮影条件は良かったのだが、風が強かった。

ちょうど、スカイツリーのあたりに沈みそうなので、カメラ内合成で、軌跡にしてみたが、スカイツリーの天辺を少しずれている。

ちなみに、COMMLETのマウントアダプタ経由でEFレンズなので、少し画質が悪くなるような気がする。
おそらく、マウントアダプタの光学距離が少し短いためだと思われる。

712_mercury

同じレンズの広角端(70mm)、この画角だと、水星と富士山、スカイツリーのスリーショットとなる。
赤い光が少しにじんだ感じになる。

これならばEOSで撮影しておけばよかった。

 

 

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

M46 , M47

710_m4647

鏡筒:BORG 77EDII + EDレデューサーF4DG
   口径:77mm
   合成焦点距離:330mm(F4.3)

カメラ:EOS Ra
  ISO:3200
  フィルター:Quad BP

合計露光時間:8分(=0.5分×16)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:自宅

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

M44

709_m44_20200205012301



鏡筒:BORG 77EDII + EDレデューサーF4DG
   口径:77mm
   合成焦点距離:330mm(F4.3)

カメラ:EOS Ra
  ISO:3200
  フィルター:Quad BP

合計露光時間:8分(=0.5分×16)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:自宅

折角のRaではあるが、散開星団。
ファイルサイズが大きいので一度に何枚もひらくことができない。
そろそろPCも買い替えないとだめかな。

 

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

水星

708_mercury

レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM
   絞り:F2.8
   焦点距離:200mm

カメラ:Canon EOS R
   ISO:800

合計露光時間:1/5 秒

2月10日に水星が東方最大離隔となる。
今日の日没は17時9分ごろ水星没は18時18分なので、日没後30分くらいの時間を見計らって探してみたところ、幸運にも見つけられた。

 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »