« IC1805,IC1848 | トップページ | ぎょしゃ座Sh2-240 »

2019年12月22日 (日)

ぎょしゃ座の中心部

701_aus

レンズ:Canon EF85mm f1.8 USM
   絞り:F2.8
   カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:ビクセンGP-X

ガイド鏡:BORG50

ガイド装置:ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

この焦点距離だとぎょしゃ座のM36,37,38の散開星団と勾玉星雲などがちょうどいい感じに入るが、Sh2-240まではちょっとはいらない。

ちょっと気になったのは、周辺がかぶっている。干渉フィルタの効きが悪くなっているような気がする。フィルターホイールを使っているので、レンズとセンサーの間にフィルターが入るので、EFマウントならば、フィルターへの入射角はほとんど変わらないと思ったのだが、85mmとかそれよりも広角のレンズはマウント端の一番センサーよりにレンズが配置されるが、135mmとか150mmのレンズはマウントから奥まったところにレンズが配備されている。
広域のHαを撮影したかったのだが、67用の105mmや55mmは使えるかもしれない。幸いHαのナローバンドだから、色収差はあっても気にならないし。

 

 

|

« IC1805,IC1848 | トップページ | ぎょしゃ座Sh2-240 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IC1805,IC1848 | トップページ | ぎょしゃ座Sh2-240 »