« EOS RとRaのダークノイズの比較 | トップページ | IC1805 , IC1848 »

2019年12月 8日 (日)

M1(かに星雲)

691_m1

鏡筒:GINJI300FN
   口径:305mm
   焦点距離:1220mm(F4.0)
   コマコレクタ(笠井)

フィルタ:Quad BP

カメラ:Olympus OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

露出時間:30秒

赤道義:NJP Temma2

撮影地:自宅

ノーマルボディーだと、QuadBPではSIIとHαはほとんど写らないので、こういった天体には不向き、
もう少しOIIIが写るかと思ったがそうでもなかった。

カメラの取り付けが2インチスリーブへ差し込んでアイピースのように取り付けているが、
笠井の接眼部の固定方法は真鍮のリングで締め付ける方式で、これがいまいち安定しない。原因は2インチスリーブに切ってある脱落防止の溝と締め付けるリンクが微妙な位置関係で締め付けるので、光軸に対し微妙に傾いてしまう。掲載した写真の片ボケはこれが原因ではないかと思う。

 

|

« EOS RとRaのダークノイズの比較 | トップページ | IC1805 , IC1848 »

機材」カテゴリの記事

GINJI300」カテゴリの記事

OLYMPUS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EOS RとRaのダークノイズの比較 | トップページ | IC1805 , IC1848 »