« ふたご座流星群 | トップページ | ぎょしゃ座の中心部 »

2019年12月20日 (金)

IC1805,IC1848

700_1805

レンズ:Canon EF85mm f1.8 USM
   絞り:F2.8
   カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:ビクセンGP-X

ガイド鏡:BORG50

ガイド装置:ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

焦点距離150mmだと少し窮屈なので、135mmだとちょうどよさそうだが、
85mmだとペルセウス二重星団までちょうどよく入る。

ちなみに、HαとOIIIで撮影したが、OIIIはピンボケで使い物にならなかった。
このレンズは色収差が結構あって、天体を撮影するときはL41フィルタとかで青色の短い波長方をカットしないと青くにじんでしまう。
そのため、Hαでピントを合わせると、OIIIでピントが外れてしまったのだろう。

 

|

« ふたご座流星群 | トップページ | ぎょしゃ座の中心部 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたご座流星群 | トップページ | ぎょしゃ座の中心部 »