« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月26日 (木)

ぎょしゃ座Sh2-240

702_sh2240

レンズ:Canon EF85mm f1.8 USM
   絞り:F2.8
   カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:ビクセンGP-X

ガイド鏡:BORG50

ガイド装置:ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

F2.8で80分でもこれくらいしか映らない。
例えばFSQ85にレデューサはF3.9だから約二倍の露光時間で同じ程度
何日かかるだろうか。

 

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

ぎょしゃ座の中心部

701_aus

レンズ:Canon EF85mm f1.8 USM
   絞り:F2.8
   カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:ビクセンGP-X

ガイド鏡:BORG50

ガイド装置:ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

この焦点距離だとぎょしゃ座のM36,37,38の散開星団と勾玉星雲などがちょうどいい感じに入るが、Sh2-240まではちょっとはいらない。

ちょっと気になったのは、周辺がかぶっている。干渉フィルタの効きが悪くなっているような気がする。フィルターホイールを使っているので、レンズとセンサーの間にフィルターが入るので、EFマウントならば、フィルターへの入射角はほとんど変わらないと思ったのだが、85mmとかそれよりも広角のレンズはマウント端の一番センサーよりにレンズが配置されるが、135mmとか150mmのレンズはマウントから奥まったところにレンズが配備されている。
広域のHαを撮影したかったのだが、67用の105mmや55mmは使えるかもしれない。幸いHαのナローバンドだから、色収差はあっても気にならないし。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

IC1805,IC1848

700_1805

レンズ:Canon EF85mm f1.8 USM
   絞り:F2.8
   カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:ビクセンGP-X

ガイド鏡:BORG50

ガイド装置:ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

焦点距離150mmだと少し窮屈なので、135mmだとちょうどよさそうだが、
85mmだとペルセウス二重星団までちょうどよく入る。

ちなみに、HαとOIIIで撮影したが、OIIIはピンボケで使い物にならなかった。
このレンズは色収差が結構あって、天体を撮影するときはL41フィルタとかで青色の短い波長方をカットしないと青くにじんでしまう。
そのため、Hαでピントを合わせると、OIIIでピントが外れてしまったのだろう。

 

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

ふたご座流星群

今年もオリンパスのフィッシュアイで固定撮影をした。
絞りは1.8開放
一コマ当たりのシャッタースピードは1/2秒
ISOは1600
カメラのボティー内比較明合成で約1時間

満月直後の大きな月が出ていたが、もともと明るい空なので、このへんはいつもと同じ設定である。
去年とはボディが違っているが結構沢山写っている。
月が近くにあるので、もう少し派手にゴーストが出てるかと思ったが、よく抑えられていると思う。
このレンズをなんとかフルサイズのボディにつける方法はないだろうか?
そうなれば全天になるのに、

2019/12/15 0時から約1時間
697_gem1

2019/12/15 1時から約1時間
698_gem2

このあとは薄雲が出てしまって、これで終了。

 

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

M42

696_m42_ha

レンズ:Sigma 150mm f2.8 EX DG HSM
   絞り:F3.5
   カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:ビクセンGP-X

ガイド鏡:BORG50

ガイド装置:ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

月が出ている間はHαで撮影して、沈んだ後にOIIIを撮影したが、高度が低くなると光害のカブリがひどくなるので、ちょっと汚くなる。
本当はAOOで合成するつもりだったが、Hαのモノクロ

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

中古屋さんでの出会い

695_es68

レンズではなくフード。

EF50mmF1.8 STMは”撒き餌さレンズ”と呼ばれ他のEFレンズに比べると格安で売られている。普通のCanonレンズの付属品はフードやレンズポーチが付いているが、これはフロントとリアのキャップだけである。
本体が安いので、フィルターとかフードを別途購入すると、何となく割り高い感じがしてしまう。
フィルターは使っていない古いフィルターがあったので、それを流用していて、フードは購入するほどでもなかったので、無で使っていた。

よく行く中古屋さんで350円のフードを見つけた。
新品で買うと2000円弱、非純正の互換品でも1000円くらいなので、ずいぶん安い、少し使い込んだ感じはあるが、機能的には全然問題ない。ウェットティッシュで汚れをきれいに拭いたら、いい感じである。

 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

EOS RaとR

EOS RaとRの比較

まだ、いろいとの比較中。

室内でLEDや蛍光灯の光で撮影すると、ホワイトバランスはオートではちょっとダメ、
RAWで撮って現像ソフトで調整すれば使えそう。

夜景はこんな感じ。
撮影レンズはRF50mm、絞り優先でF1.2開放で撮影。JPEGで解像度のみ変更して掲載。
空にある輝点はノイズではなく星。

EOS R
694_eos_r

EOS Ra
693_eos_ra

天体写真はRAWでとるから、あまり問題になりそうにない。
日が沈む頃の時間帯とかで試してみればよかった。

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

IC1805 , IC1848

692_obs_16

レンズ:Sigma 150mm f2.8 EX DG HSM
   絞り:F3.5
   カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα

合計露光時間:80分(=5分×16コマ)

赤道義:ビクセンGP-X

ガイド鏡:BORG50

ガイド装置:ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

このレンズは大変シャープでよいが、ピント合わせが難しい、もう少しフォーカスリングの回転角が大きいとよいのだが、
それと開放では少し周辺減光が気になるが2/3段絞っただけでかなりよくなる。
構図は縦ではなく横にすれば両方の星雲がちゃんと入ったのだが、カメラを赤道儀に乗せるときの都合でやむを得ず。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

M1(かに星雲)

691_m1

鏡筒:GINJI300FN
   口径:305mm
   焦点距離:1220mm(F4.0)
   コマコレクタ(笠井)

フィルタ:Quad BP

カメラ:Olympus OM-D E-M1MarkII
  ISO:1600

露出時間:30秒

赤道義:NJP Temma2

撮影地:自宅

ノーマルボディーだと、QuadBPではSIIとHαはほとんど写らないので、こういった天体には不向き、
もう少しOIIIが写るかと思ったがそうでもなかった。

カメラの取り付けが2インチスリーブへ差し込んでアイピースのように取り付けているが、
笠井の接眼部の固定方法は真鍮のリングで締め付ける方式で、これがいまいち安定しない。原因は2インチスリーブに切ってある脱落防止の溝と締め付けるリンクが微妙な位置関係で締め付けるので、光軸に対し微妙に傾いてしまう。掲載した写真の片ボケはこれが原因ではないかと思う。

 

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

EOS RとRaのダークノイズの比較

EOS RとEOS Raのダークを撮影
室内での撮影なので撮影時の気温は20度台前半くらい(温度計がないので体感で)
ISO3200,約10分

EOS Ra
Ra_10m3200

EOS R
R_10m3200

Raの方が背景は均一である。
もう少し違うISOや時間でもデータを撮ったが傾向は同じ。
因みに、撮影間隔は1コマ撮影する毎に10分程度間隔を空けて行い、
最後のコマで撮影したものを掲載。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

EOS Ra

688_ra

EOS Raを買った。

早く天体を撮ってみたいが、
自宅からでは面白くないので、できれば暗い空で使ってみたい。

因みに、普通のEOS Rと撮り比べてみた。

690_ra 
EOS Ra

689_normal
EOS R

両方ともホワイトバランスは、オートであるが、カラーバランスが少し違った感じに映る。
当然ではあるが、Rの方が見た目のカラーバランスで撮れる。

ファームウェアのバージョンがRは1.4.0でRaは1.5.0で違っていた。

 

| | コメント (2)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »