« 昨夜の残り | トップページ | EOS Ra »

2019年11月24日 (日)

M76

686_m76

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
   冷却温度:-20℃
   フィルター:OPTOLONG 12nm Hα , 6.5nm OIII , 12nm SII

合計露光時間:160分
  SII:100分(=5分×20コマ)
  Hα:200分(=5分×40コマ)
    OIII:200分(=5分×40コマ)

赤道義:NJP Temma2

ガイド装置:オフアキ+ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

先々週、比較的晴の日が続いたので、望遠鏡をベランダに出しっぱなしで3日間を行った。
OIIIは帯域が約半分なので、少し多目に撮影したが、曇って使えないコマとかを除外したので、
Hαと同じコマ数を確保できたがSIIは半分くらいダメだった。
SAOで合成したが、SIIが他のバンドに比べて光量がすくないので、
AOOで合成すると以下のようになる。

687_m76

星雲の中心部分はすぐに飽和してしまい、星雲の構造が潰れてしまう。
外側に広がったガスの構造はかなり淡いので、もう少しコマ数を稼ぎたいところ、
GINJI300FNとかで撮った方が面白そう。

|

« 昨夜の残り | トップページ | EOS Ra »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

TOA130」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨夜の残り | トップページ | EOS Ra »