« New FD28mm F2.0 分解 その2 | トップページ | 月 »

2019年8月10日 (土)

ペルセウス座流星群

674_per  

今年のペルセは月もあるし、台風も来ているので、今夜の晴れ間くらいしか、観るチャンスはないかもしれない。

先日、オリンパスのE-M10MarkIIを友人に譲り、E-M1MarkIIを購入した。
8mmF1.8FishEyeを超える魚眼が出るまでは、オリンパスはやめられない。

先ほど、テストも兼ねて、自宅のベランダ撮影してみた。
よーく見ると流れ星が写っている。
このカメラもカメラ内で明暗比較合成ができる。

さらに、このカメラはFishEye補正機能がついている。
撮ってから、PCで変換もできるが、カメラ内で変換ができ、F1.8の超広角レンズに変わる。
補正のパラメタは1,2,3が選べて、
1が一番広角になって
675_fe1
四隅は少し星が伸びそう。

2に設定すると、
676_fe2
1より一回りトリミングされたような感じ?
単純なトリミングなのか、魚眼から超広角へ変換がパラメータごとに違うのか、
ちゃんと暗い空で星野写真をとって検証する必要がある。

3に設定すると、
677_fe3
さらに一回り狭くなる。

ちなみに、JPGとRAWの両方を保存する設定にしておくと、
RAWは普通に魚眼で撮影した画像であった。
それと、FishEye補正をONにすると、ライブコンポジットができなくなる。
ライブコンポジットは、JPGとRAWは両方ともコンポジットされた画像である。

 

 

 

|

« New FD28mm F2.0 分解 その2 | トップページ | 月 »

天体」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

OLYMPUS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« New FD28mm F2.0 分解 その2 | トップページ | 月 »