« NGC1499(カリフォルニア星雲) | トップページ | LUMIX G 20mm / F1.7 ASPH. »

2018年11月24日 (土)

EOS R

618_rf50mm


RF50mmF1.2Lを購入した。

レンズをつかうため、ボディーもEOS Rに変更した。
6Dからの変更である、6Dも軽くてよかったのだが、これも、同様にかるい、サイズも一回り小さくなってよいのだが、レンズがでかいし、重い。光学部分のレンズのガラス部分の径はそれほど大きくないのに、レンズ自体は大きい、EF50F1.2のようなガラスの塊り感はない。

あとは、既存所有のEFレンズを使うため、マウントアダプタも購入。
一番安いのでも良かったのだが、RFレンズ使ったときとEFレンズを使ったときに、操作が変わってしまうのが少し気になったので、マウントアダプタは何種類かある内のコントロールリングが付いているのを購入してみた。

619_rf50mm


EF35mmとの大きさの比較。太さがずいぶん太い。長さはほぼ同じなのだが、マウントアダプタの分長くなるような感じである。

620_rf50mm


RF50mmのF1.2開放での試し撮り。さすがに、開放では周辺減光が目立つが、色収差はかなり良好に補正されているし、開放から十分にシャープな感じである。

621_ef35mm


こちらは、EF35mmF1.4IIの開放で撮影したも。このレンズは開放から星像がシャープで、周辺減光が気になるくらいなので、上記の写真比較すると、RF50mmも天体写真ではかなり期待ができそうである。周辺減光はFR50mmの方が少ないのでないかと思う。

ちなみに、RFレンズはレンズをボディー装着して通電していないと、ピントも動かせなくなるので、撮影にはEOS Rのボディーが必須である。

|

« NGC1499(カリフォルニア星雲) | トップページ | LUMIX G 20mm / F1.7 ASPH. »

機材」カテゴリの記事

EOS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS R:

« NGC1499(カリフォルニア星雲) | トップページ | LUMIX G 20mm / F1.7 ASPH. »