« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月18日 (日)

M.ZUIKO 8mm1:1.8 FISHEYE

598_fe


オリンパスのFISHIEYEのレンズで撮影した画像は、OLYMPUS Viewer3の魚眼補正でフルサイズ換算の約11.7mmの超広角相当になるようである。
上の写真は、絞り開放(F1.8)1秒露光をライブコンポジットで1時間撮影したもの、これ魚眼補正してみた。

597_fe


地平線は気にならないくらいまっすぐに補正されているが、画面中央を南北横切った飛行機の軌跡は、ちょっと不自然。東西の飛行機はきれいに変換されている。
地上の隅ちょっと伸びた感じになって、画質が低下した感じがするが、上部の星の軌跡はそれほどでもない、これはどういう変換をしているのだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

PENTAX67 654 Adapter

543_64567adapter

今更なのだが、PENTAX67レンズを645ボディーに付けるためのアダプターを購入した。フィルム時代の中版関係の中古品はめちゃくちゃ安くなっている。これもほどんど未使用品のもの6千円ちょっとだった。

以前、Pentax654の300mmをEOSやQSに取り付けるために作成したアダプタがあるので、これと組み合わると67のレンズがQHY16200Aで使えそうだったので、ちょっと実験してみたくて、購入してみた。

544_qhy16200a67lens


取り付けるとこんな感じで、無限遠でもピントがでる。オフアキもそもまま使える。ちなみに、EFレンズを取り付けるにはカメラ側の光路長が長すぎるので付けられない。
手持ちのPentax67レンズどれも色収差とが大きいので、普通のカラーではいまいちなのだが、ナローバンドではほとんど関係ないので、200mmとか165mmだと面白そうである。

ちなみに、この辺のレンズは、ピントを動かすと、レンズ全体が移動するので、バックフォーカスを気にすることなく、とりあえずピントさえ出ればよいので、それも使いやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »