« 全天 | トップページ | IC443 »

2018年1月14日 (日)

M65 M66 NGC3628

536_leotri鏡筒:Takahashi FSQ85-ED + レデューサーQE0.73X
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:OLYMPUS E-M10 MarkII
   ISO1600

合計露光時間:12分(=3分×4コマ)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

ガイド鏡:BORG50
  ガイド装置:ATIK-16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:花立自然公園

エツミのタイマーリモコンでを使用しているが、複数枚撮影をすると、最初のコマを撮影終了後、遅延撮影時間のタイマーが99時間59分59秒からカウントを開始してしまう。このままでは、2コマ目の撮影開始は約100時間後となってしう。遅延撮影時間を設定している訳ではないし、何を設定しても同じj様に100時間のタイマーが始まってしまう。
回避方法が分からない。仕方がないので、3分、1コマで設定して、撮影終了後に再度撮影、これを4回繰り返して撮影したが、こんなやり方では面倒でしょうがない。

537_leotri


回避方法として、インターバル撮影で1分×16コマ撮影したものコンポジット。
この撮影の問題は、一コマ当たりの露出時間は60分までである。

|

« 全天 | トップページ | IC443 »

天体」カテゴリの記事

FSQ85」カテゴリの記事

OLYMPUS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M65 M66 NGC3628:

« 全天 | トップページ | IC443 »