« Canon NewFD50mmF1.4 + OlympusE-M10Mk2 | トップページ | 星像の問題 »

2017年11月14日 (火)

EF35mmF1.4LII

515_ef35mmf14

レンズ:Canon EF35mmF1.4L II
   焦点距離:35mm
   絞り:1.4

カメラ:OLYMPUS E-M10 MarkII
   ISO1600

合計露光時間:30秒(=30秒×1コマ)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

撮影地:大竹海岸

普通にEOSで撮った時よりも星像がすごく悪い。
星がVの字になっている。
EOSのフルサイズでは、開放から使えるのではないかと思えるほどよかったのに、マウントアダプタ経由でEFでは、全然ダメである。

516_ef35mmf28F2,8まで絞ると多少はよくなるが、まだ全然ダメである。これだと、12-40のズームで撮影したほうがきれそうである。

テスト用に開放から1/3刻みで絞りを1.4から4.0まで10コマ撮影したものをコンポジットしてみる。
517_ef35
周辺の星像が悪いのも強調される。しかし、Hαもそこそこ写る。


|

« Canon NewFD50mmF1.4 + OlympusE-M10Mk2 | トップページ | 星像の問題 »

機材」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF35mmF1.4LII:

« Canon NewFD50mmF1.4 + OlympusE-M10Mk2 | トップページ | 星像の問題 »