« IC1805 | トップページ | Cometron114のテスト »

2017年10月10日 (火)

Cometron114のテスト

500_test

鏡筒:Cometron114(改造) + 笠井コマコレクター
   口径:114mm
   合成焦点距離:450mm

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-10℃
  フィルター:OPTOLONG Hα(12nm)

合計露光時間:16分(=1分×16)

赤道義:Vixen GP-X NS-501GP

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅


連休中、ちょっと時間があったので、
改造して放置していたCometron114の光軸ちゃんと合わせてみた。

オートコリメータで調整しているときは、接眼部にかかる負荷は少ないが、
カメラにすると、重さに負けている感じがする。
コマコレクターは規定の70mmとしているが、周辺のコマは取り切れていない。
バックフォーカスをいろいろと変えて試してみたいのだが、バックフォーカスを短くすると焦点位置が内側に入ってしまし、物理的にピントを合わせることが出来なくなる。
若干接続リングの組み合わせを変えれば長くすることができる。

そんなに頑張らなくても、FSQ-85EDでもいいような気がする。
眼視は思いのほかよく見える。ただし、コマコレクタは必須である。
ないと、ピントが合う接岸レンズが極端になくなってしまうのと、少し視野中心から外れるとすぐに星像がなってしまう。

|

« IC1805 | トップページ | Cometron114のテスト »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cometron114のテスト:

« IC1805 | トップページ | Cometron114のテスト »