« アンタレス付近 | トップページ | StarFi »

2017年6月 5日 (月)

DOG NS-501GP

482_m1617

DOG NS-501GPをベランダでテスト。

まずは、自動導入。
使用ソフトはステラナビゲータ9を使用、接続のときはミードLX200を選択する。
特に問題なく動作した。因みに、Temmaのときは、最初に天頂に向けて、望遠鏡が西側にあるか東側にあるかを設定してから始めるが、NS-501は適当に明るい星に向けてステラナビゲータ上でその星を同期すれば、そのまま自動導入ができるようになる。これは、Temmaより簡単である。
当初、iphone+skysafariでの制御を考えていたのだが、こちらの組み合わせでは、だめ。

オートガイドでは、一つ問題。
オートガイドカメラはQHY5L-II-M、制御ソフトまMaxImDLを使い、QHYとNS-501間はRJ25のストレートケーブル(iOptronと同じ)を使ってみたが、キャリブレーションで赤緯、赤経共に一方方向しか動いてくれない。
また、QHYのドライバがだめなのか、コネクターのピンアサインが違うのか、原因は不明。

一応、この状態で撮影してみたが、ガイドは流れてしまっている。


|

« アンタレス付近 | トップページ | StarFi »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DOG NS-501GP:

« アンタレス付近 | トップページ | StarFi »