« EF35mmF1.4L USM | トップページ | レンズテストのときの画像 »

2017年5月 4日 (木)

EF35mmF1.4L II USM

新しいモデルの試写。

昨日同じく、絞りを変えて試写したものを、絞りごとに、全体画像、256×256ピクセル等倍の右上、中央の3枚セットを掲載。使用したカメラは昨日のものと同じ。現像時の補正はWBのみ。

F1.4
旧モデルからの進化がすごい。
開放の星像が旧モデルをF4.0まで絞ったとりよりも明らかよい。
周辺減光が少しきつめなのを修正できれは開放から十分使える。

Ef35mm2f14
中心部分。明るい星は少し色収差が気になる程度。Ef35mm2f14c
周辺は、開放からそこそこよい。星像は円周方向に伸びる。Ef35mm2f14ul

F2.0
開放とF2.0の間は、絞れは絞るほどよくなるが傾向は同じであるEf35mm2f20
徐々によくなっているが、開放時も結構よかったので、そんなに良くなった気がしない。Ef35mm2f20c
星の伸びが小さくなってはいる、周辺減光も良くなっている。Ef35mm2f20ul


F2.8
フルサイズではこの辺で使うのがよい。Ef35mm2f28


色収差とかもかなり良く補正されている。Ef35mm2f28c
円周方向の星の伸びが、最小になるっているように見える。Ef35mm2f28ul


F4.0
F2.8のときよりもシャープになり、周辺減光も改善している。Ef35mm2f40

Ef35mm2f40c
周辺部分は、動径方向に伸びが気になるようになる。Ef35mm2f40ul

F4.0くらいまでは絞れば絞るほど星像もよくなり、周辺減光とかも改善する。しかし、折角明るいレンズなので、できるだけ開けて使いたい。そうすると、F2.8前後くらいで使うのがよさそうである。
星像で絞りを選ぶと少し周辺減光が少し目立つが、これは撮影なんとかなりそうなので、開けて使いたいレンズである。
評判通りのすごいレンズであった。

|

« EF35mmF1.4L USM | トップページ | レンズテストのときの画像 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF35mmF1.4L II USM:

« EF35mmF1.4L USM | トップページ | レンズテストのときの画像 »