« 大晦日 | トップページ | QHA16200Aの続き »

2017年1月 1日 (日)

QHY16200A

439_m42

鏡筒:TAKAHASHI TOA130 + 35フラットナー
   口径:130mm
   合成焦点距離:980mm(F7.5)

カメラ:QHY16200A
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ

合計露光時間:12分
  RGB:各30秒×8コマ

赤道義:TAKAHASHI NJP Temma2.

ガイド鏡:なし
  ガイド装置:QHY5L-II

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

QHY16200Aカメラ本体には、USBポートが2つ用意されている。
このポートを使えば、QHY16200AがUSBのHABになってくれるので、
PCのUSBポートが少ない場合は便利なのと、オフアキとかを使った
場合、短いUSBケーブルでよい。

掲載した写真は縦じまが発生している。電気的なノイズが乗っている
と思われる。

|

« 大晦日 | トップページ | QHA16200Aの続き »

天体」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

TOA130」カテゴリの記事

QHY16200A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QHY16200A:

« 大晦日 | トップページ | QHA16200Aの続き »