« Raspberry PI 3 に3.2インチLCD | トップページ | raspberry pi3の続き »

2016年9月30日 (金)

新しいレンズ

411_ef
天体写真用という訳でばないのだが、新しいレンズを購入した。

本当は35mmF1.4を買い替えようとしていたのだが、どうしても望遠系のズームが必要になって、これになってしまった。

ズームレンスでズームしたときにレンズ長が伸びるのちょっといやで、
購入を考えたのは70-200mmのレンズで、候補は、
キヤノンがF2.8とF4それぞれISありとなしの4種類、
シグマ
タムロンが手振れ補正ありと無しの2種類。

いろいろと調べてみると、タムロンの手振れ補正ありのレンズとキャノンのF2.8ISの画質が良いようである。
実際にカメラにつけて撮影してみると、FAの速さや迷わずに焦合するなどはキヤノンが優秀な感じがした。
値段はタムロンの手振れ補正無が一番安いのだが、画質や操作性を考えると候補から除外。
次に安いのがキヤノンF4IS無、これはF4で暗いうえにISもないので、少し利用シーンが限られそうそう、三脚台座とかも欲しいので、これも一緒に買うと、シグマ、タムロンのF2.8の手振れ補正ありとそんなに変わらなくなってしまう。そうすると、タムロンかなーと思う。
もう少し頑張るとキヤノンのF4ISやF2.8のIS無が値段的には近くなってくる。F4でもISがついていいるし、レンズも軽くて小さいし、鏡筒も白いし、ちょっと捨てがたい。
キヤノンF2.8のIS無は他の3本に比べ色収差が少し気になるレンズ構成なので、星も撮ることを考えると、F4の2本かF2.8のISありがよさそうであるが、星ならば断然F2.8である。
問題はキヤノンのF2.8IS付きは他のレンズよりも10万円以上も高いことであった。

更に、近くの中古屋さんでキヤノンのF4ISの新品同様が8万円くらいで売りに出ていた。三脚台座も追加する必要があるので、これを考えると約9万円

そんなこんな悩み続け、一番高いのを買ってしまった。一番安いのを選択しても10万円前後の出費になるので、中途半端に出費して後悔するより思い切って一番使いやすそうなのを買ってしまった。

412_ef70200
単焦点の広角、中望遠くらいまではふにゃふにゃのレンズポーチであるが、これはしっかりとしたケースである。
413_ef70200mmf28
私自身、初のEFの白レンスである。
レンズフードはストッパーがついているタイプである。キャップのつまんで外す新しい方のがついていた。

414_ef70200mmf28l
ちょっとテスト、200mm開放で撮影。色収差は気にならない。

415_ef70200mmf28lsi
70mm開放で撮影。これも色収差は気にならない。
星も結構いけそうである。




|

« Raspberry PI 3 に3.2インチLCD | トップページ | raspberry pi3の続き »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいレンズ:

« Raspberry PI 3 に3.2インチLCD | トップページ | raspberry pi3の続き »