« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

まゆ星雲(IC5146)

401_ic5146

鏡筒:FSQ-85ED + レデューサーQE0.73×
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-10℃
  フィルター:Hα 15nm

合計露光時間:80分
  Hα:5分×16

赤道義:iOptron ZEQ25GT.

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:QHY5L-II

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

昨日アップしたのは赤緯のロックが失敗して、追尾うまくいかなかった場合、恐らく5分くらいだったら、ガイドしない方が点になるかもしれない。
今回は赤緯側のロックをし直したのだが、アライメント再度やり直さなければならい。
ちゃんとやれば、ガイドは全く問題ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

NGC6820

400_ngc6823

鏡筒:FSQ-85ED + レデューサーQE0.73×
   口径:85mm
   合成焦点距離:327mm(F3.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-10℃
  フィルター:Hα 15nm

合計露光時間:40分
  Hα:5分×8

赤道義:iOptron ZEQ25GT.

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:QHY5L-II

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

先日、やっと関東でも梅雨が明けた。出かけるほど天気が良くないないので、とりあえず、自宅で撮影。
こぎつね座のM27の少し西のほうにある。散開星団NGC6823の周り散光星雲NGC6820がある。赤道儀の赤緯の使い方に少し癖があって、適当にロックするとバックラッシュが大きくなってしまう。この写真は、赤緯のロックに失敗して、追尾が失敗している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

M31

399_m31

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ
 

合計露光時間:55分
  L:5分×8コマ、RGB:各5分×1

赤道義:NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:QHY5L-II

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:花立自然公園

望遠鏡の自動導入ソフトはアストロアーツのステラナビゲータ9を使っている。
既にサポートが終了しており、Windows10は対応OSになっていない。
先日、OSをWindows10にアップしてみたところ、MaximDLやQSIのドライバ、
QHYのドライバなどはそのまま使えた、ステラナビゲータ9も正常に起動するので、問題ないと思って撮影に出かけたところ、撮影地で、望遠鏡と接続が出来なくなっていることが発覚した。

急遽、手動で導入に切り替えたので、明るい天体しか導入が出来なかった。さらに問題は、撮影の合間にピントチェックをするために、明るい恒星に鏡筒を振るのだけれど、手動だと結構面倒で、さぼってしまったが、やはり、ピントがダメだ。

アストロアーツのサイト
http://www.astroarts.co.jp/products/stlnav10/support/faq/control-j.shtml#temma_stop

に同様の問題が掲載されていた。
原因は不明であるが、レジストリを削除すると、症状は解消するようで、レジストリ削除用のツールも公開されていた。

上記の説明通り、削除して、望遠鏡の制御ができるようになった。
とりあえず、一安心ではあるが、
ステラナビゲータは6から使っているが、7,8,9と3回バージョンアップをしている。その都度有料で支払っている金額の割に、何か使いやすくなっているかというとそうでもない。困ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

SUNWAYFOTOの製品

397_ddy


シュミットでSUNWAYFOTO製品のセールをやっていた。通常の販売価格の半値くらいだそうで、ちょっと購入してみた。アルカスイス規格互換で、水準器も付いて、3/8インチネジと1/4インチネジの両方が使える。
ただ、私の機材はアルカスイス規格のものがない。

396_dpg

クランプだけを購入しても使えないので、プレートも購入。
12cmの少し長めのもの、カメラを載せてもよいし、ミニBORGでガイド鏡にしてもよいし、あまり用途はこれから検討。

398_

ちなみに、これは、今まで使っていたもの、肉厚なので、自分で加工してタカハシ用の35mmピッチのM8ネジ開けたりできたので、それなり便利だった。アルカスイス規格ではないので、微妙に合わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »