« NGC2392(エスキモー星雲) | トップページ | M38 »

2016年1月11日 (月)

ばら星雲

321_rosen


鏡筒:FSQ-85ED
   口径:85mm
   合成焦点距離:450mm(F5.3)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Hα 15nm

合計露光時間:80分
  Hα:5分×16

赤道義:タカハシ EM-10 TemmaPC Jr.

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:QHY5L-II

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

三連休は天気が良ければ花立に行こうと思っていたが、一晩中安定して張れそうな感じがなくて、断念。
結局、自宅でHαの撮影

去年の同じを撮影していて、鏡筒はビクセンのFL80+BORG EDレデューサーF4DG

http://toa130.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-4414.html

撮影時のシーイングやガイド鏡の焦点距離や赤道儀が違うし、画像処理も全く同じという訳ではないので、単純な比較はできないが、今回FSQで撮影した方が暗い星が小さく、シャープな感じがする。
BORGの77EDIIより」FL80の方がシャープだと思っていたけど、FSQはさらにシャープ。

昔のカラーとの合成

322_rosenc

|

« NGC2392(エスキモー星雲) | トップページ | M38 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

FSQ85」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
バラ星雲、美しいですね。星のシャープさが羨ましいです。
連休中、私も自宅で撮っていましたが、最初CLS-CCD+R-64で擬似Hαにして撮ろうとしましたが、1等星すら見えずに断念しました。今考えると、最初R-64は外してピントを合わせて、それからR-64をつけてPCでピント合わせすればよかったかなと思っています。

投稿: ryojin | 2016年1月13日 (水) 16時39分

ryojinさん
こんばんは。
この鏡筒はシャープですね、同じくらいの鏡筒を何本か使いましたが、これが一番ですね。
ちなみに、ナローバンドでの撮影は色収差がある鏡筒でも気にならないので、色収差のせいでいまひとつなんていう鏡筒には最適ですよ。

投稿: 250RC | 2016年1月13日 (水) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばら星雲:

« NGC2392(エスキモー星雲) | トップページ | M38 »