« M42 | トップページ | ばら星雲 »

2016年1月 5日 (火)

NGC2392(エスキモー星雲)

320_ngc2392

鏡筒:ASTROSIB RC-250 + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:250mm
   合成焦点距離:1450mm(F5.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ

合計露光時間:16分
  L:30秒×8
  RGB:各30秒×8

赤道義:NJP Temma2

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:自宅

ナローバンドではないので、露光時間を長くできない。修正後のチェックなので、30秒もあれば十分なので、ノータッチガイドである。極軸もちゃんと合わせなかったので、1時間も経過すると、フレームアウトしてしまうくらいずれている。

星像をちゃんとチェックするのであれば、極軸もちゃんとあわせるべきだった。

ちなみに、オフアキでのガイドをQHYでも調整しようとしたのだが、ATIKとの共存は難しいピント位置が結構違っている。QHYはカメラ自体がアメリカンサイズのスリーブの中に入ってしまうので、どうとでもなるかと思ったら結構制約があって、うまい組み合わせが見つからなかった。
それと、2×2でビニングしないと星が検出できない。
ATIKの方が感度よいのだろうか?

|

« M42 | トップページ | ばら星雲 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

250RC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGC2392(エスキモー星雲):

« M42 | トップページ | ばら星雲 »