« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

新しい機材

284_fsq85購入したのはFSQ-85.
とりあえず、3月1日から値段が上がってしまう鏡筒本体とレデューサ。
鏡筒バンドは純正の方が少し安いのですが、重たいので、三基光学館のアルミ鏡筒バンドとアリガタレールにしました。

285_band

バンドとプレートの取り付けネジが添付されていましたが、少し短くて使えませんでした。
286_fsq
赤道儀にのせると、これくらいでバランス合いそうで、結構カメラ側に重心がよってしまいます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

新しい機材

283_box


昨年の月末の消費税率アップ前もすごく迷っていたのですが、今回の値上げのタイミングで買ってしまいました。どうせ購入するのであれば、消費税アップの前に購入してしまえばよかったと後悔しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

M46

282_m46

鏡筒:セレストン コメットロン114AZ+ 笠井トレーディングコマコレクタ
   口径:114mm
   合成焦点距離:450mm(F3.95)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃み
  フィルター:Hα 15nm

合計露光時間:40分
  Hα:5分×8

赤道義:.iOptron  ZEQ25GT

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

M42と同じ日に撮影したので、光軸はずれたままです。

ちゃんと調整が完了すれば、焦点距離450mmF4の写真鏡です。これくらいの焦点距離で安定して撮影できる鏡筒が欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

M42

281_m42

鏡筒:セレストン コメットロン114AZ+ 笠井トレーディングコマコレクタ
   口径:114mm
   合成焦点距離:450mm(F3.95)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃み
  フィルター:Hα 15nm

合計露光時間:40分
  Hα:5分×8

赤道義:.iOptron  ZEQ25GT

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

コマコレクタの取り付け位置を72mmにして撮影です。先に光軸を修正しないと、評価しにくいのですが、前回の82.5mmだと、コマコレクターの先が鏡筒内に出てしまうので、72mmの位置でちゃんと光軸を修正してから追試ですね。

因みに、赤道儀の三脚はビクセンのHAL-110にして随分安定したのですが、赤緯のキャリブレーションがいまいちで、こちらももう少しです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

M67

280_m67

鏡筒:セレストン コメットロン114AZ+ 笠井トレーディングコマコレクタ
   口径:114mm
   合成焦点距離:450mm(F3.95)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃み
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ

合計露光時間:20分
  L:30秒×16
  RGB:各30秒×8

赤道義:.iOptron  ZEQ25GT

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

セレストロンのコメットロン114AZを改造した鏡筒です。レーザコリメータだけで光軸修正ではちゃんと追い込むことは難しいですね、F4なので、もう少しちゃんと合わせれば四隅まできれいになりそうです。

コマコレクタの位置をいろいろと変化させて試していますが、今回はCCDとの間の距離は

82.5mm

このコマコレクタは70mm±10mmなので少し長めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

EOS-M2

277_eos_m2


昔使っていたFDレンズをデジタルで使ってみたくて、ミラーレスを購入しました。
FDレンズだけを考えるのであればフジの選択肢もあったのですが、EFレンズの資産もたくさんあるのと、フジに手を出してしまうと、Xマウントの魅力的な単焦点にもはまってしまいそうでMで妥協しました。

278_fdefm


MにFDをつけるのは、KIPON製のマントアダプタを購入

279_fd


FD50mmF1.4とFD35-105mmF3.5の2本がデジタルで復活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

ベテルギウス

276_l
レンズ:Canon EF85mmF1.8
   絞り:F4

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Hα 15nm

合計露光時間:80分
  Hα:5分×16

赤道義:.iOptron  ZEQ25GT

ガイド鏡:BORG60ED
  ガイド装置:QHY5L-IIM

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

冷却CCDの場合、ファインダが付いていないので、実際撮影して構図を決めますが、自動導入があると便利です。ステラナビゲータのような星図と連携していると便利なのですが、この赤道儀のハンドコントローラでは、ターゲットの天体を指定しなければならないので、少し不便です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »