« 焦点位置 | トップページ | 花立 »

2014年9月10日 (水)

コマコレクタ

254_cor
左側がbaaderのコマコレクタ、RCC1。右側が笠井のコマコレクタ
レンズのコーティングは、baaderの方が優秀そうに見えます。

baaderはバックフォーカスが長いので、オフアキでも問題なく使えます、しかも、全長が長いのであまり、小さな鏡筒で使うと、筒外焦点距離が長くとれないので、GINJIのような大型に使い易です。

バックフォーカス
baader:91.4mm
笠井:70mm

長さ
baader:75mm
笠井:51mm

255_corQSIへの取り付けはM42ネジから2インチスリーブ、スリーブの先端のM48ネジにコレクタのM48ネジで取り付けようとしたのですが、

QSIの付属品でついていた2インチスリーブはbaader製で、スリーブ長が23mm、カメラ筐体内光路長等を考慮するコレクタとCCDセンサー間の距離は約60mm。笠井のコレクターの許容範囲は70mm±10mmなのでぎりぎりです。
しかも、baaderのM48ネジのピッチは国内のカメラ用品店で販売しているM48フィルターのネジピッチより小さ目で、ネジが一山くらいしか噛んでくれません、少し不安定な取り付け状態で使わなければなりません。

今回、コレクタ取り付け用にシュミットのNorthemCrossの2インチスリーブを入手しました。
スリーブ長は31.5mm、コレクタとCCDセンサ感の距離は約72mm、2mmほど長いがほぼ規定の位置。



|

« 焦点位置 | トップページ | 花立 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コマコレクタ:

« 焦点位置 | トップページ | 花立 »