« M12 | トップページ | へびつかい座 »

2014年6月 8日 (日)

RC-250の接眼部との比較

211_moonlite
右が純正のフォーカサー。
ドローチューブ内径:96mm
取り付けネジ:M6
60度間隔で6本止め(φ6.75)
対角の間隔は125mm

左がMoonLite
ドローチューブ内径:63.5mm
鏡筒への取り付け面:124.46mm×124.46mmの正方形
取り付け穴の間隔:106.68mm(φ5.7mm)

212_moonlite現行ヘリコイドでは、光路長が112mmでピントがあっているので、この光路長が確保できればよい。
MoonLiteは66mmから117mm
これに、鏡筒とフォーカサーを取り付けるアダプタ、ドローチューブのM68P1.0メスをM72P1.0メスに変換するアダプタを作成しないといけないのですが、40mm以上の余裕があります。

|

« M12 | トップページ | へびつかい座 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RC-250の接眼部との比較:

« M12 | トップページ | へびつかい座 »