« RC-250の接眼部との比較 | トップページ | M16,M17付近の銀河 »

2014年6月10日 (火)

へびつかい座

213_2224_3

レンズ:Canon EF85mmF1.8USM
   絞り:4.0

カメラ:EOS 5D MKII SEO-SP4
   ISO:1600

合計露光時間:72分(=3分×8コマコンポジット×3モザイク)

赤道義:EM-10 TemmaJrPC

撮影地:蓼科

さそり座の北側、へび座頭部、へびつかい座あたりです。中央やや東側にやや明るい星がへびつかい座ζ星で、この周辺に大きくて淡い散光星雲があります。画面左端に写っているM16やM17と比べると、その写り難さが分かります。

掲載した写真は85mmのレンズでの撮影ですが、赤経方向に3コマモザイクしており、50mmの標準レンズで撮影した時より少し狭い範囲が写っています。解像度は85mmの焦点距離相当なので、明るいメシエ天体M10,12,14等の球状星団もよく分かります。
CanonのEF50mmF1.4がモデルチェンジをずーっと待っていますが、なかなか出ませんね、Sigmaの新しいのも気になりますが、ちょっと重くて、がさ張るので、購入にふみきれません。

|

« RC-250の接眼部との比較 | トップページ | M16,M17付近の銀河 »

天体」カテゴリの記事

EOS」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へびつかい座:

« RC-250の接眼部との比較 | トップページ | M16,M17付近の銀河 »