« 蓼科の続き | トップページ | NGC5846,NGC5850 »

2014年5月10日 (土)

M83

200_m83

鏡筒:Vixen FL80 + BORG EDレデューサーF4DG
   口径:80mm
   焦点:640mm(F8)
   合成焦点距離:416mm(F5.2)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-20℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ

合計露光時間:100分
  L:5分×8コマ、RGB:各5分×4

赤道義:NJP Temma2

ガイド鏡:BORG60ED
  ガイド装置:ATIK16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:蓼科

冬の間はずっと花立ばかりで撮影していたので、蓼科の南の空はとってもいいですね。このM83は花立では向けることの無い天体です。
この撮影ではFL80にBORGのF4レデューサーを組み合わせています。EOSではよく撮影するのですが、QSIでは久しぶりです。テーパーリングの組み合わせを変更しているので、星像チェックのためのテスト撮影です。レデューサーのバックフォーカスはBORG101EDなどと同じ焦点距離640mmのときの長さにあうようにしています。口径はBORG77EDと3mm差ですが、こちらの方が星像がシャープで良いのですが、少し暗いのが難点です。

|

« 蓼科の続き | トップページ | NGC5846,NGC5850 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

FL80」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M83:

« 蓼科の続き | トップページ | NGC5846,NGC5850 »