« フェザータッチフォーカサーM57 | トップページ | M64 »

2014年3月24日 (月)

NGC4725

188_ngc4725

鏡筒:ASTROSIB RC-250 + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:250mm
   合成焦点距離:1450mm(F5.8)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-30℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ
 

合計露光時間:140分
  L:5分×16コマ、RGB:各5分×4

赤道義:NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:ATIK16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:花立自然公園

かみのけ座にある大き目の銀河です。腕の構造もおもしろい銀河で、外側の腕が半周以上もぐるっと巻いていますが、もう少しじっくりと露光時間をかけるべきでした。構図も、もう少し写野を北西にずらし、NGC4747をいれてもよかったかもしれません。

明るい星が変な形になってしまっています。原因を調査中で、ヘリコイドに問題がありそうなのですが、GINJIといい、ここの接岸部は重いものには対応していないのでしょうか、せっかくの光学系がもったいないです。

|

« フェザータッチフォーカサーM57 | トップページ | M64 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

250RC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGC4725:

« フェザータッチフォーカサーM57 | トップページ | M64 »