« NGC2403 | トップページ | 250RCの接眼部メモ »

2014年2月25日 (火)

M106

182_m106_2

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
   口径:130mm
   合成焦点距離:698mm(F5.4)

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-30℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ
 

合計露光時間:250分
  L:10分×16コマ、RGB:各10分×3

赤道義:NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:ATIK16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:花立自然公園

M106の右上、画面の角に近いところにあるのがNGC4220、右側の半分きれてしまっているのがNGC4217。
TOAの前のレデューサではF6で焦点距離が780mmだったのでM106とこれらを両方いれるとちょっと窮屈になるので、何も考えずに日の丸構図にしたのですが、ちょっとM106を左にずらせば両方とも余裕で入ったみたいです。新しいレデューサは約700mmなので、この焦点距離で80mmはそんなに変わらないと思ってなのですが、微妙にに変わりますね。

本当はステラナビゲータ9で自動導入しているので、写野を表示しておけばよいのですが、どうししたことか、写野中心が星図のフレームから外に出て表示されるようになって、マウスでつかん移動することができなくなっています。

|

« NGC2403 | トップページ | 250RCの接眼部メモ »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

TOA130」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M106:

« NGC2403 | トップページ | 250RCの接眼部メモ »