« M1 | トップページ | オリオン座 »

2013年12月 3日 (火)

C/2013 R1

156_c2013s1_20131130

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
  口径、130mm、合成焦点距離、698mm

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-25℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ
 

合計露光時間:22分
  L:1分×16コマ、RGB:各1分×2

赤道義:NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:ATIK16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:花立自然公園

11月30日3時12分から撮影を開始しています。
イオンテイルに複数のスジの構造が見られます。
QSI583は1フレームのデータをダウンロードするのに30秒近くもかかります。コマ間の時間が長いと、彗星の核でコンポジットすると恒星の軌跡が点線になってしまいます。カラーのコマは4×4でビニングをしてダウンロード時間を短くしてみました。彗星のように短時間でサクサク撮らないといけないよう天体では、多少は効果があったかもしれません。

|

« M1 | トップページ | オリオン座 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

TOA130」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C/2013 R1:

« M1 | トップページ | オリオン座 »