« SIGMA150mm1:2.8APO MACRO DG HSM | トップページ | いっかくじゅう座S星付近 »

2013年11月25日 (月)

SIGMA150mmのテスト

レンズのテストです。月齢18の月がふたご座にあるときなので、周辺減光については条件が厳しい環境下でのテストです。カメラはEOS5DMkIIで、ISO1600、開放F2.8で30秒、以下絞りの値に応じて露光時間を変更。ピントはライブビューで月を使って合わせているので、バーティノフマスクを使ったときよりは若干甘くなっているかもしれません。

137_f28F2.8開放での全景です。138_f28_center中心付近の等倍です。ちょっと色収差が気になりますが、かなり優秀かと思います。139_f28_upperleft左上です。星は丸くないです。

1/3絞ったF3.2です。140_f32全体。141_f32_center中心付近142_f32_upperleft左上。開放とあまり変わらないような感じです。この程度絞るのであれば開放でも変わらないと思います。

2/3絞り絞ったF3.5です。

143_f35全景ですが、周辺減光は改善しています。144_f35_center色収差も良くなっています。145_f35_upperleft周辺の星像はシャープになりますが、星像が外側に伸びます。

1絞り絞ったF4.0です。146_f40全景147_f40_center
中心付近148_f40_upperleft左上
中心付近はF3.5と比べるとあまり変わりませんが、周辺は良くなってきますが、星は丸くなりません。

1と1/3絞ったF4.5です。

149_f45_2

150_f45_center

151_f45_upperleft

F4.5までしぼっても周辺の星像の傾向は同じです。F3.5かF4くらいで撮るのが良さそうな感じがします。円形の絞りなので星がとげとげにならないのがよいです。







































|

« SIGMA150mm1:2.8APO MACRO DG HSM | トップページ | いっかくじゅう座S星付近 »

機材」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA150mmのテスト:

« SIGMA150mm1:2.8APO MACRO DG HSM | トップページ | いっかくじゅう座S星付近 »