« オフアキを考える | トップページ | オフアキの構成変更 »

2013年10月 5日 (土)

オフアキの改修

TOA-130用の新しいレデューサ用にオフアキまわりの変更をしています。

先ずは、旧レデューサからは光路長を詰めて、65.5mm+フィルターによる光路長補正分にしないといけません。

旧システムではQSIにM42のTネジのプレートを介してテーパリングをつけていました。092_taper


QSIに直接取り付けられるテーパリングを作成してもらいました。093_taper

これでM42プレート厚分約5mm短縮されます。

これにオフアキ本体とレデューサM72オスの対応する取り付けリング094_taper
これで、光路長が64.6mm。2mm厚のBORGのスペーサを使って66.6mm。0.1mm程長くなってしまっていますが、ほぼ期待通りです。問題はテーパをカメラ本体に直に付けたため、締め付けリングの締め付けネジの頭がカメラと干渉するようになってしまいました。長めのM4ネジ用意しないといけません。

|

« オフアキを考える | トップページ | オフアキの構成変更 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オフアキの改修:

« オフアキを考える | トップページ | オフアキの構成変更 »