« Ink Spot (B86) NGC6520 | トップページ | オフアキの改修 »

2013年9月21日 (土)

オフアキを考える

091_offaxis


TOAの新しいレデューサは旧型に比べると星像は格段に改善されたのですが、その恩恵を受けるためには、バックフォーカスがきちんと合わせる必要があります。QSI583はセンサーサイズが小さいので、旧製品はcmのオーダーくらいの精度でよく、多少焦点距離が変わるくらいでしたが、新しい方はその10倍くらいの精度が要求されます。
旧レデューサーからの変更点としては、カメラ側のネジがM72P1.0メスからM72P1.0オスに変更されています。なので、M72P1.0メスで接続するリングを用意しなければならないのですが、なかなか良いものが見つからなかったのですが、FCT-65のフィルターボックスのジャンク品を見つけました。

M72P1.0メスネジ部分を活用して、オフアキ本体へネジどめしてしまえば、オフアキ本体とあわせて光路長が26mm
QSIカメラ筐体内は29.85mm
合わせて55.85mm
レデューサのバックフォーカスが65.5mm

あと、9.65mm
フィルターによる光路長1mmを考慮すると、
10.65mm

QSIとオフアキ本体をこの間隔で繋ぐことができればOKです。使いやすさを考えると、テーパーリングでの接続が良さそう。

|

« Ink Spot (B86) NGC6520 | トップページ | オフアキの改修 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オフアキを考える:

« Ink Spot (B86) NGC6520 | トップページ | オフアキの改修 »