« M55 | トップページ | M31 »

2013年8月28日 (水)

NGC247

088_ngc247

鏡筒:Takahashi TOA130S + TOA-35レデューサー0.7X
  口径、130mm、合成焦点距離、700mm

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-10℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ
 

合計露光時間:240分
  L:10分×18コマ、RGB:各10分×2

赤道義:NJP Temma2

ガイド鏡:FL80
  ガイド装置:ATIK16IC

制御ソフト:MaxIm DL Pro 5

撮影地:長野県 御岳山


くじら座にある銀河です。見かけの大きさが20分角もあって大きく見える銀河なのですが、少し淡い銀河です。5度くらい南側にはNGC253があり、これも見かけの大きさが25分角もあって大きいのですが、対象的にはっきりを見え、写真にもよく写ります。

南に低い対象なので、撮影できる時間が短く、昨年はL画像が12コマだったのですが、今年は18コマ撮影してみました。地平線から昇って高度が10度にも満たないときから撮影を開始したせいで、部分的に変な方向に星が伸びてしまっています。
12コマでも18コマでもあまり変わり映えしないように感じます。1.5倍なのでS/Nが約1.14倍向上しているはず。

|

« M55 | トップページ | M31 »

天体」カテゴリの記事

QSI583WS」カテゴリの記事

TOA130」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGC247:

« M55 | トップページ | M31 »