« 250RCのフラットナー | トップページ | まゆ星雲 »

2013年7月16日 (火)

NGC6888

067_mikazuki

鏡筒:GINJI-300FN + Baader RCC-I
  口径、305mm、合成焦点距離、1220mm

カメラ:QSI583WS
  冷却温度:-15℃
  フィルター:Astrodon Tru-balance Eシリーズ
 

合計露光時間:140分
  L:5分×16コマ、RGB:各5分×4

赤道義:NJP Temma2

ガイド鏡:オフアキシスガイド
  ガイド装置:ATIK16IC

撮影地:茨城県常陸大宮市 花立自然公園

はくちょう座にある散光星雲です。星雲の中心にはウォルフ・ライエ型の星があり、この星の恒星風によって吹き飛ばされた外層部分のガスが、複雑なシェル状の構造を作っているといわれています。私は超新星の残骸かとおもっていましたが、まだ、超新星にになる前の状態ですね。

使った鏡筒はGINJIです。相変わらず、星像が悪いですね、これも何とかしないといけないのですが、TOA130と新レデューサの組み合わせが優秀だし、光学系のコンディションも安定していて使いやすいので、GINJIの出番はなさそうです。

|

« 250RCのフラットナー | トップページ | まゆ星雲 »

天体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGC6888:

« 250RCのフラットナー | トップページ | まゆ星雲 »